ボンネットの縫い方


現在この型紙は手作りCOS3!をご購入いただいた方へプレゼントしています

作り方

型紙に指定された範囲に接着芯を貼る。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

位置合わせの印をつける

型紙に書かれた印は縫い合わせるときの大事な印です。
忘れずに必ず写してください。

型紙の番号を写す

型紙に書かれた番号をマスキングテープに書いて貼ると、縫うときに同じ番号の所を縫えばいいので間違えにくくなります。

表側  裏側

ほつれ止めをする

つばをぬう

←ここのパーツ

つば部分を表同士が内側になるようにしてカーブのある方を縫う。



表がえして、端から5mmの所を縫う。

レース(もしくはフリル)サイドクラウンにギャザー縫いをする。

【おさいほう】ギャザーの縫い方
ギャザーの縫い方 糸の調子を調整する ミシンの縫い目の長さを長くしてください。 1...


内フリルにレース(もしくはフリル)を縫いつける 。

レースを起こす。
縫い代は内フリル側へ折る。


内フリルの上につばの部分を重ねる。

内フリル、つばを一緒にギャザーを寄せる

サイドクラウンにギャザーを寄せる。

後頭部のパーツとサイドクラウンの位置を合わせ表同士が内側になるように重ねる。


同じ長さになるようにギャザーを縮め1cm幅で縫う。

サイドクラウンに内フリルとつば縫う。
(つばの方が内側になるように)

フリルを起こして、フリル側の端から2㎜くらいの所を縫い代ごと縫う。

縫い代を中心部分に入れてしまうとボリュームが潰れてしまいます。
あえて縫い代をフリル側に倒すことで、フリルが立ち上がります。

レースを表同士が内側になるように重ねる。
両端1cm裏側へ折り、1cm幅で縫う。


結び紐を縫いつける。

太目のリボンを裏を上にして、サイドクラウンの前方側につける


下の縫い代を内側へ折り縫えば完成です
現在この型紙は手作りCOS3!をご購入いただいた方へプレゼントしています

・私はこの生地で作りました
Wエステルサテン ピンク
多くの生地やさんで販売されているサテン生地に比べ、厚く、光沢は控えめで上品な感じです。
厚いので張りがあるのでギャザーを入れるとボリュームが出ます。
ロリータさんにはもってこいの生地だと思います

そのほかおすすめの生地

サテンクレープ
サテンは原材料によって、洗濯で縮んだりするものもありますので、ポリエステルの生地をオススメします
ポリエステルなのでおうちで洗濯が出来ますよ♪

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。