直線で簡単に作れるカトラリーケース

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

弁当袋に直にスプーンを入れるのが気になる人いらっしゃいませんか?

そこでスプーンやフォークなどを入れるカトラリーケースを作ってみませんか?

出来上がり高さ21cm幅11cmのものが作れます。

切り方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

71cm×11㎝

布は長方形に切るだけ!

お箸入れにしたい場合

(お箸の長さ-19cm)×2=の長さを71の所に足してください。
幅(11cm)の所は最低お箸の幅+4cmにしてください。
厚みとバイアスの幅があるため

縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

片方の端から1.5cm内側に面テープをつける。
固い方をつける。

面テープとはいわゆるマジックテープの事。

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

角は針が刺さった状態で向きをかえる。
針が上がっていると縫い目がずれやすい。


小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

バイアスを12cmに切る。

マジックテープの近くの辺に四つ折りのバイアステープをつける。



小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

後と前で幅に差のあるバイアスは、幅広い方を裏側にすると縫い目が外れにくくなる。


小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

端をはさむ。


小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

左端から2~3mm位の所を縫う。
両端にはみ出したバイアスは切る。

上下を折る

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

バイアスがついていない方を表が見えるように30cm測って折る。

お箸入れにしたい場合(お箸の長さ-19cm)=の長さを30cmに足して折る。


小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

バイアス側を10cmはかって折る。

横を縫う

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

ズレないように端から5㎜位の所を縫う。

反対側も同様に縫う。

横にバイアスをつける

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

バイアスを長い辺より3cm長く切る。
バイアスの端を1cm内側に折る。


小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

端をはさむ。
左端から2~3mm位の所を縫う。
端から5cmほど手前で止める。


小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

1㎝の縫い代を残して切る。
バイアスの縫い代を内側に折る。
反対側も同様に縫う。

面テープをつける

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

面テープをポケットのある面に重ね端から1.5㎝の所に付ける。

ポケット部分を縫う

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

ポケット部分を2~3分割してまっすぐに縫う。

完成

小物の作り方 カトラリーケースの縫い方

いるもの

□ 生地
ほつれず張りのあるものがおすすめ
はりのない生地の場合は生地の裏側に接着芯を貼る

□ 面テープ 2cm位

□ バイアステープ 80cm

□ 生地にあった色の糸

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。