前開きビスチェの作り方

サンプルはデニムで作ってあります
白でフリルやレースたっぷりにしてもかわいいですね。 ちなみにこれは下着や補正用ではなく、服の上に着るタイプです。

デニムやカツラギ、帆布などを使う場合は骨組み(ボーン)無しでもつくれますが、薄い生地針のない生地の場合芯を貼ってもシワになる場合があります。
その場合はボーンテープを付けてください。

ビスチェの型紙を見る

前開きじゃないビスチェの作り方はこちら

ビスチェの作り方
小さいから意外と簡単なビスチェの作り方です

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は先に洋裁漫画を読むのをオススメ♪

接着芯を貼ると縮むので表生地の裏面全体に接着芯を先に貼る。
貼ってから型紙を写して切る。


前開きビスチェの作り方

大事なところなのでウエストのくびれの縫い代に、7~9mmの切込みを忘れずに入れてください

裏地を付けるのでほつれ止めは不要です。

縫い方

中央と脇のパーツを縫う

前開きビスチェの作り方

後ろ中心と、後ろ脇、前中心と前脇を1cm幅で縫う。
お好みで縫い代の間にレースなどを挟んでもよいです。

脇を縫う

前開きビスチェの作り方

前後の身頃(胴体部分)と脇を1cm幅で縫う。

しっかりした生地で作る場合

縫い代は後中心側に折る。


縫い目の後中心側2~3mmの所を表から縫って縫い代を固定する

柔らかい薄い生地で作る場合


縫い代を左右に広げてアイロンをかけて縫い代に折り目を付ける。
縫い目から2~3mmの所を両方ぬって縫い代を固定する。

熱接着の両面テープを持っている場合


ボーンテープを縫い付ける所の長さより3cm短く切って熱接着の両面テープを貼る。
プロの人が経験による手の感覚や知識で綺麗に縫っている部分は、初心者が同じように縫えるわけがありあませんよね?
そういう時は道具を使えばいいんですよ。
熱接着の両面テープを使うと、慣れていない人も縫いやすくなったりずれにくくなったりするのでぜひ使ってみてください。


上下1.5cmあけて、裏側にボーンテープを重ねる。
熱接着の両面テープを貼った場合はくり紙をはがしてアイロンで20秒圧着して縫い付ける。

ボーンを縫い付ける方法
一般的には縫い代の裏にボーンを入れる袋を付けたり裏地の隙間に入れたりする。 ...

裏地


前中心と前脇、後中心と後脇を表同士が内側になるように重ねる。
8mmで縫う。
裏地は表地より少しでも小さいと、引きつって変なしわが入る。
8mmで縫う事で2mmづつの余裕が出来るので、引きつりが防げます。
裏は少し位だぶついても表に見えないので安心して8mmで縫ってください。


前後の裏地を表同士が内側になるように重ねる。
上から2㎝下まで8mm幅で縫う。
脇のウエストの印から1cm位上からすそまでを8mmで縫う。
ここが表返す口になる。

熱接着の両面テープを持っているなら、縫い代を広げ、ひっくり返し口の片方の縫い代の上に、熱接着の両面テープを貼る。
はくり紙はまだはがさない。

縫い代を前中心側に向かって1cm幅で折る。

8mmで縫ったので左右2mm(計4mm)の調整用のゆるみが出来るので引きつりにくくなる。

裏と表を縫う

表地と裏地を表同士が内側になるように重ねる。
ふちを1㎝幅で縫う。

引きつり防止に、カーブのある部分の縫い代を5mmに切る。
凹んだカーブの縫い代に縫った糸を切らないように1~1.5cm位の間隔で切込みを入れる。

フチを縫う

前開きビスチェの作り方

裏地の脇のひっくり返し口から、表に返す。
端から5mmのところを縫う。

裏地の脇のひっくり返し口をまつり縫いして閉じる。

ハトメをつける

前開きビスチェの作り方

持出しをよけてハトメの穴を開ける。
穴はポンチという穴あけの道具が、ミシンによっては付属でついている場合もありますし、100円均一や、ホームセンターなどにも売っています。

※ハトメは必ず両面ハトメを使う。
片面のハトメは肌や周りの生地を傷つけます。

【おさいほう】ハトメのつけかた
表用 左が下側 右が上側 裏用 左が上側 右が下側 背が高いほうが裏用、背が低く...

持ち出しを縫う

前開きビスチェの作り方


表と裏の持ち出しの生地を表同士が内側になるように重ねる。
1cm幅で縫う。

前開きビスチェの作り方

表に返して端から5mmの所を縫う。
編み上げの下から下の服の色が見えたほうがかわいいという人は、持出しはつけなくてもよいです。


前開きビスチェの作り方

裏地の下に持ち出しを重ねて片方だけまつり縫いをして縫う。

もう片方は縫い付けないことによってサイズの微調整がしやすくなります。
縫い付ける位置は型紙に線を描いてありますので、それを参考にしてください

まつり縫いのしかた

ボタンを付ける


前中心にボタンを付けて反対側にボタンホールを作る。
ジグザグ縫いで作るボタンホールの作り方
ボタンホールをしたいけど、ミシンの付属品をなくしてしまって、どうやったらいいのか分からない!という時は縫い目の幅を変えられるミシンの場合、普通の押え金とジグザグ縫いで代用することが出来ます。

紐を通して完成です。

ビスチェの後の編み上げをなくしたい場合

型紙をテープで組みたてて体に当ててください。
背中の中心に紙を貼って足す幅を決めます
体から外し同じ高さになるように線を引いてください。
足した紙の真ん中で分割する。
縫い代をつける。

この型紙で作りました

ビスチェの型紙

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます ※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

中央の胸元がVの前身頃  Sサイズ Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ

中央の胸元がまっすぐな前身頃 Sサイズ Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ

いるもの

□ 表生地
□ ハトメ つけたい数(紐を通す場合は6mm以上のものでないと通しにくいです)
□ 接着芯
□ 編み上げようの紐かリボン
□ 熱接着の両面テープ

オススメの生地

デニム
サンプルの写真の素材です。
ジーンズやGジャンの生地です

オンスと書かれた数字が大きいほど重くなります。
このデザインだと8~10オンスくらいがいいかもしれません

ポリエステルツイル

カトウさんのより気持ち柔らかい気がしました
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ

ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。