手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ワッペン(エンブレムの作り方)

柄いれの方法

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く1)ステンシル   フェルトを使った柄の入れ方3)布の貼りあわせ ラバーシートを使った柄入れの仕方4)アイロンラバーシートを使う方法 

布用スプレーで柄を入れる方法5)布用スプレーワッペンの作り方1 ワッペンの作り方2 ワッペンの作り方 ラインの入れ方 ふち飾りの縫い方



translate

ジグザグ縫いで作るワッペンの作り方

手作りワッペンの作り方2(写真バージョン)



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


お好みのデザインをパソコンか紙に描く。

ちなみに左の図はうちの家紋です。

剣カタバミと言うそうです。

紙に描いたらパーツ毎に切る
布の裏に接着芯を型紙より大きめに貼る。

接着芯を貼るだけでほつれにくくなります。
接着芯の貼り方は縫う前の下準備参照

合皮などほつれにくいものを使う場合は芯は貼らなくても良い。

柄を写し、型紙を外す。

線どおりに切る。

切ったパーツを土台の上に重ねる。

固定に軽くボンドをつけてもよい。

両面熱接着テープなどを使うと手が汚れない。(アイロンでくっつく両面テープの事)

使い方はこちら

仮固定したあと端から1mmくらいの所をミシンで縫うとはがれにくく、ズレにくくなる。

ジグザグ縫いを選ぶ。
一番小さい幅のもの(横幅2〜3mm位のもの)を選ぶ

縫い目の長さも2〜3mmにする。

布のふちを縫っていくとほつれずさらにワッペンぽくなります。

生地によっては縫い目の長さが短すぎると食い込みやすいものがあるので試しぬいをしてくださいね.

ジグザグぬいから1〜2mm離れた所を切り落とす。

あとはお好みの所に縫い付けるなり貼り付ければOK

ワッペンではないですが左の衣装の柄は上記の作り方で作ってます。
熱接着の両面テープについて

アイロンラバーシートを使う方法

アイロンラバー使い方についての詳しくはこちら

手書きでワッペン(エンブレム)の半分を書く。

紙を折って切ると左右対称に作れる


中のパーツも書く。
パソコンで作っても良い

作ったものを色毎にパーツに分ける

土台のフェルトに印をつける
アイロンラバーシートの裏に鉛筆でパーツの型を写し、切り絵の要領でカッターで切る。

余分をはがす。

アイロンラバーシートは結構端々が余るので取っておいて組み合わせて使うと経済的。

シートをアイロンで接着する
全部組み合わせるとこんな感じ
アイロンラバーシートの使い方


洋裁漫画
洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト