手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 洋裁作り方一覧 > 部分縫い  > いろんな衿の作り方 > > 台付きシャツカラーの縫い方

衿の製図 台衿付きシャツカラー(Yシャツタイプの衿)

translate

このような2つのパーツの型紙になります。
各2枚づつ裁断してください。
上側を表(上)衿、下の方を台(地)衿と呼びます。
工夫された衿ぐり 合理的なテクニックを写真で学ぶ
工夫された衿・衿ぐりの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)
 ジャケットを作りたいんだけど、衿が分からない、衿にフリルをつけたいんだけど…
当サイトでまだカバーできていない、テーラードカラーやフリルカラーなどの縫い方が全てオールカラーの写真で図解してあります。

一つ一つの画像も大きいので、初心者から中級者まで役に立つ一冊だと思いますよ。

初心者向けソーイングブック
Heart warming life series―基礎シリーズ

ムキ先生に許可を頂いて、どんな本か中身をちょっとだけ見れるようにしました



今日買って明日届くキャラヌノ
キャラヌノ

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ




型紙を作る上でのポイントにも書いてありますが、

市販の本や型紙は図のように半分だけになっており、これを布の折り山において左右対称にとると出来上がりが歪んだりしやすいので、左下のように型紙の時点で完成した状態に作っておくと綺麗に作れますよ。

当サイトので作っている型紙は最初から左右に広げた状態になっているので何もしなくていいです。
えりの柄の向きと実際の柄の出方のめやす。

※ただしカーブの大きい襟の場合また変わってきます。

えりの裏に接着芯を貼はってください。
台えりの裏側に隠れるほうの下側の縫い代をアイロンで2mmくらい狭く折っておく。1cmの縫い代だったら8mmくらいで。
この2mmがミシンで縫ったとき縫い目がえりから落ちにくくなるポイントです。

どちらが表から見えるえりか、裏に隠れるえりかわからなくなりやすいので、しつけ糸などで、裏に隠れる方のえりに印をつけてください
完成したら抜くので玉止めなどはしなくていいです。
イラストと動画のやり方が違うものもありますが、動画と平面のイラストだとわかりやすい表現が異なることがあります。
どちらでも完成しますので、自分が理解できたほうで作ってください。

シャツカラー2見返しの縫い方

シャツカラー3 台襟の縫い方

シャツカラー4 表えりの縫い方

シャツカラー5 表えりのフチを縫う

シャツカラー6 表えりを台えりにつける

シャツカラー7 仕上げ

 図1
 図2
えりのゆるみを作ってください。

このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと
首にそったカーブ(図1)があります。

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

その差を補うために2〜3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節する必要があります。

これをしないと図2の右のえりのように長さの不足する表側のえりが引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

 


この区間は均等に待ち針を刺し縫う。

えり先のゆるみの作り方


このとき図Aのように「表に見えるほうのえり」(印の付いていない方)を2〜3mm内側にずらしてまち針をさしてください。
しわが入らないように、目打ちなどでダブ付いた分を内側へ押しこむようにして縫ってください。

シャツカラーの縫い方 

衿(えり)を表が内側になるように二枚重ねて縫ってください。

※衿に縫い付ける所は縫わない。

表に返して5mmの所に表から縫って(ステッチ)固定してください
印がある方へえりに付ける部分の縫い代を折ってください。

この時えりがズレます。
このずれが折り返しの緩みになります。
赤の矢印の方向のゆるみ。

断面図 こうすると図のように見える側のえり(印がないほう)が膨らみますが、実際えりにつけた時に、えりを折り返した時の布の厚みで相殺されて、えりがすっきりします。

上で出来たズレを、そのままに端から0.5cmの所を縫ってください。

2枚の台えりで間に上えりを挟むようにして重ね、上の図のabの部分を縫ってください。

ちなみに先に縫い代を折っておいた台えりは、表えりの見えるほうのえりへあわせてください。


間にはさんだ上えりの両脇を縫いこまないようによけておく。

台衿の両サイドも縫ってください。

台えりの端1.3o位は縫わずにあけておく。

表に返して縫い目から0.5cm(赤い線)の所を縫ってください。

★柔らかく仕上げたいときは、上の赤い線は縫わずにアイロンをかけて形を整えてください。

えりの端を前身頃の前中心に合わせてください。

しつけの印のある方のえりの縫い代だけ、身頃のえり首に縫いつける

縫い代を内側に折る。

仕付け糸で大まかに縫ってえりがずれないように固定してください。

ミシンで表から0.5cmの所を縫ってください。

★柔らかく仕上げたい場合は、縫い代を内側へ折り、手縫いでえりを閉じてください。

まつり縫い(手縫いで閉じる方法)の動画



旧バージョン

関連のデザイン

ブラウスの縫い方
シンプルブラウス・ワンピースの縫い方
Yシャツの縫い方
ワークシャツの縫い方

 

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト