手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング  > シンプルジャケットの作り方

シンプルジャケットの縫い方

フロントジップタイプ バイアステープで包むタイプ ↑このタイプ↑

ボタンタイプ


シンプルジャケットの型紙  改造用の型紙

translate

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

このデザインに使いやすい生地

ポリエステルツイル  中厚地の生地なので縫いやすいです。カジュアルでザクッとした感じのデザインにしたいときにどうぞ。
ポリエステルがはいるとしわになりにくくなります
ただしお店によって生地の厚さが違うので必ずサンプルを取り寄せるのがオススメです。

ポリエステルギャバ  ポリエステルツイルが欲しいけど
サンプル取り寄せる暇がない、どちらかというと薄手がいい場合、ポリエステルツイルの中でも薄手のものが多いので、この生地を選ぶと薄手のツイルが手に入ります



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布の縫い合わせ方

布はしのほつれどめ

後と前の見返しを表同士が内側になるように重ねて両肩を縫ってください。
見返しの縫い方

お好みで後のダーツ(立体にするためのつまみ)を縫ってください。

ダーツの上下の角を基準に縦に折りくの字に縫って下さい。

するとジャケットのウエストが細くなります

ダーツの縫い方

肩の縫い方

※メンズのみ

後胴体(後見頃)を表が内側になるように重ねて中心側を縫ってください。

身頃(胴体部分)の表同士が内側になるように重ねてください。

身頃の肩と脇を縫ってください。


えりを表同士が内側になるように重ねて縫ってください。
えりの角の縫い目から2mm離れた所を切ってください。

糸の近くを切るとひっくり返したときにほつれやすくなります。
表返す時に図のように縫い代をたたんで、縫い代を押さえながら表に返すと角が綺麗になります。

表側にひっくりかえして端から5mmの所を縫ってください。
身頃のえりのカーブにえりを重ねて、5mm位のところを縫って下さい。

えりの端を身頃の前中心の印に合わせてください。


表にした身頃に裏を上にした
見返しを重ねて縫ってください。

すそも角の縫い目から2mm以上はなれた所を斜めに切ってください。
2mmより近すぎるとひっくり返したとき角がほつれやすくなります。

カーブの所は切込みを忘れずに。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

角の縫い目から2mm離れた所を切り落としてください

見返しを裏へ返し、えり首の縫い目から5mmの所を縫ってください。
アイロンですその縫い代を折る。

縫い代の幅より0.3〜0.5mm短めの所を縫う

裏の見返しの端をまつっておくとより綺麗に裏の始末が出来ます。
まつりぬい。

表の繊維を1〜2本すくい、折り返した縫い代を縫う。
0.5〜1cmおきに同じように表の繊維を救うの繰り返しです

まつり縫いのしかた
ボタンホールをあけてボタンをつけてください ミシンによって操作が全く異なりますのでボタンホールはお手持ちのミシンの説明書をご覧下さい

ミシンがない方はスナップボタンをつけて、ボタンは飾りにする、という方法もあります

そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。

なので左の図の赤い部分にギャザー縫いをします。

またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

そでの準備

ギャザーの縫い方

そでを縫う

そでを身頃につける

ミシンの上側の糸調整を元に戻してください。

次に袖底を表側が内側同士になるように重ねてください。

1p幅で縫ってください。

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

試着してそでの長さを確認してください。
問題がない場合

アイロンでそで口を2cm裏へ折って下さい。

1.5cmのところを縫ってください。
袖の丈の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整してください

肩パットのつけ方

同じ型紙で作った服の肩パットの有無の比較写真を撮ってみました。

自分の作りたいシルエットに近いもので作ってください。

肩パット+芯をつけると、市販のスーツのように肩が丸く柔らかく仕上がります。

芯をつける場合は、表地と同じ生地を使います。

布の縦横に対して45度の角度で横20cm縦3cmに切ってください

角があると表に形がひびくので、角を丸くしてください。

ポイント
布は縦横はほつれやすいのですが、斜め方向はほつれにくいのでこの性質を使えばホツレ止め不要な芯になるのです

そで山に角を落としたほうがそで口側に向くように芯をつけてください。
服を裏返した状態でそでの中に芯をつけてください。
縫う場所は縫い代より外側を縫ってください。
縫い方は手縫いでどんな縫い方でも構いません。
ただ、出来るだけ布に対して垂直になるようにして縫ってください。
肩パットは物にもよりますが左右対称ではないものは厚みがある方が前、薄い方が後です。

肩山も中央ではないので、中心より1cm前側に印をつけて、そこを肩の縫い代にあわせてください。

トルソーをお持ちであればトルソーに着せて、しわが入らないようにピンでかたパットの位置を固定してください。

ポイントは肩パットを出来上がり線より5mmはみ出させる事とです。

これでそでが肩パットの上にのって丸くなります

手縫いで返し縫いをしてそでの縫い代に肩パットを縫い付けて下さい。

反対側は手縫いで3〜4回肩の縫い代に縫い付けてください。

好みの色のチャイナボタンがなかなか見つからない時は、私は↓を利用して作っています。

アジアン結美


カードに順番に引っ掛けていくと、チャイナボタンのような物が作れます。

あとはカードから外して、形が崩れないように、木工用ボンドなどを裏にすり込んで乾かせば完成です!
(ストラップ用の結び紐が販売されていますが、このカードには細すぎるようなので、100円均一の、江戸打ち紐(光沢のあるきつく結んだ紐)の細い物がちょうどいい感じがしました。

チャイナボタンはサイズや色が限られているので、このアジアン結美のカードがあれば自分でサイズも調整できるので、おすすめです。



シンプルジャケットの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できますできます
※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

フードの型紙 Mサイズ  Lサイズ  フードの縫い方

シャツカラーの型紙 Mサイズ  Lサイズ  シャツカラーの縫い方

前ファスナーの前身頃  Mサイズ  Lサイズ  フロントジップタイプの縫い方

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト