【おさいほう】袴もどきのつくりかた

あくまではかまモドキです。本物を希望される方は和裁専門の方にお聞きください。
舞台衣装やコスプレ専用です(汗)
これを本物だと思わないようにご注意下さい。
あくまでもどき、偽物です!!


袴もどきの型紙

甚平の作り方
浴衣もどきの作り方

(ズボン部分)

横 a(布の横幅)÷2
縦 A=作りたい袴の丈+8センチ

の四角を4枚切ってください。

布幅が110センチ幅~115cm幅の生地を使ってください。
前見頃(前ズボン)二枚、後見頃(ズボン)二枚になります。

股の下

横 30cm
縦 B=作りたい袴の丈-12cm

2枚切ってください。
2枚重ねて中心が10㎝下がるようにカーブを引いて切り落としてください。

余裕が大きいので10㎝下がっていればカーブの線は大雑把で問題ありません。



左身頃と右身頃、
折り方が違うので要注意!

ヒダの取り方
前側

画像の真ん中が前中心です。
折りたたむ為のしるしをつけます。
前は
縫い代をのぞいて、12等分します。

赤線が山折り
青線が谷折り

後は軽くアイロンをかけ型をつけ、
上側を荒くしつけで止めておく

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表  

接着芯

ヒダの折り方


しつけ糸を使って印をつけると裏と表の両方から印が見えるので折る時に便利です。

このとき山折と谷折で色を変えておくと間違えにくくてオススメですよ。


切ったら端がほつれないようにほつれどめをしてください。

帯は縫い代が内側に隠れてしまうのでほつれどめは不要です。

ほつれどめと、切りじつけの仕方は縫う前の下準備に詳しく説明しています♪


布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomi.jpg

ひだを折ってください。

実際に型紙を一度折りたたんでみると理解しやすくなりますよ。
それをみながら折ると失敗しにくいです

アイロンをかけて型をしっかり付けてください。

 

アイロンをかけるときに、ピシッとライナー 【防水】 をかけておくと、

作ったはいいけどイベント会場に持っていったときには、ヒダが取れてくしゃくしゃ!
というのが防げます。

生地に湿る程度に振りかけてアイロンをかけると、プリーツが消えにくくなります。
プリーツスカートや、袴もどきを作る際の必須アイテムです。
これをしていないと、着ているうちにヒダが消えてしまいます。

プリーツスカートとかヒダの取れて欲しくないもの、スラックスとかおり目がぴっちり入っていたほうがいい服などの折り目の固定にも使えるので、1本買っておいて損はないですよ!


http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomi3.jpg

斜めの折り目を笹ヒダというそうです。

(1) 脇側の折り目を裏に折ってください。

(2)一番内側の斜め折り線から表に折り返して下さい。
(3) 脇から2本目の折り線の1mmほど脇側を縫って下さい。
(4) 2本目の折り線で脇に向かって折り、端を縫って下さい。
(4) 本当の和裁だと
まつり縫いといって表に出ないように縫っていくのですが、コスプレ用ですのでミシンで端から2~5mmのところを縫っても良い


■改造方法

脇の斜めの折り目線をあげたい高さに変えるだけです


笹ヒダの縫い方


まつり縫いの仕方

http://yousai.net/nui/hakama/70_90/shirushi4.jpg

前側と同じく。
ただ後ろは
縫い代込みで4等分する。

ちなみに脇の30㎝と書いてあるところはは、デザインによって変えてください。
(イラストによって全然違うので)


たたんだ所


斜めのヒダの所は、裏へ斜めに三つ折りして、裏側からまつり縫いいしてください。

まつり縫い



http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomi6.jpg

前身頃に股下を表側が内側になるように重ねてください。

1㎝幅で縫って下さい。

股下を縫い付けたほうが前中心になります。

この時点で一度アイロンをかけておくと綺麗です。




広げて表側から見たところ

http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomi4.jpg

前身頃と後身頃を表側が内側同士になるように重ねてください。

脇(斜めの笹ひだのあるほう)を1㎝幅で縫ってください

(見にくくなるので、たたんだヒダは省いています)
裏側から見たところ。


http://yousai.net/nui/hakama/a/kannuki.jpg


まっすぐ縫っただけだと脇が破れやすいので、縫い合わせた一番上のところを縫って補強します。

ミシンのジグザグ縫いを選択し、縫い目の長さを短くして縫ってください
横幅の狭いジグザグの場合は上の図のように。
横幅の広いジグザグができるなら上下どちらでも大丈夫です。


股の上と股の下の縫い方はヒダの有無の違いだけで、縫い方はゴムパンツと同じように縫ってください


http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomi5.jpg

左右の袴を表側同士が内側になるように重ねてください。

前中心の股の上を1㎝幅で縫って下さい。


http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomiushiro13.jpg

後ろ側の股の上を1㎝幅で縫って下さい。


股の下の部分(青い所)を左右に広げてください(下図参照)


上のほうのはかまを開いてください。


開いたまま半分に折ってください。

右足左足ごとに1㎝幅で縫ってください。


折りたたんだ前後の、帯を縫い付ける部分をメジャーではかって下さい。


http://yousai.net/nui/hakama/hibakama/mini/hibakama6.jpg

ヒダを折ると両端の笹ヒダの上側が下側に下がるります。
ここが帯より出ないようにするために、笹ヒダの下がった所から2~4mm下がった所に印をつけてください (赤線)

そこから1cmの所に線を引いてください。(青線)

この線に帯の端を合わせて1cmの縫い目で縫うと表から笹ヒダの端が見えません。

この幅広い縫い代が芯がわりになります。
この芯がわりの縫い代が幅広すぎて帯でくるめない場合は切り落としてOKです


http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomi1.jpg

前の帯 横は上ではかった長さ+2cm(縫い代)縦は8cm(縫い代込み)


後の帯を2本作ってください。
横は55~80cm
帯の結び方などによって変えてください
縦は8cm

こんな感じにマジックテープ形式にしたい場合は体型にもよりますが横15~20cm縦8cmを2本作ってください


帯の縫い方はウエストベルトの縫い方と同じです。

前身頃

後身頃


前のウエストベルトを縫ってください。

ウエストベルトはあらかじめアイロンで縫い代を裏側に折ってください。
半分に折り目を付けてください。


http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomi8.jpg

表を上にした前身頃に裏を上にした帯を重ねて下さい。

縫い代1cmはみださせて下さい。


両端の縫い代を裏側に折ってください


帯を折り目で半分に折って前の袴の上の部分を包んで端から5mmの所を縫ってください。


ウエストベルトの縫い方手前


コスプレ衣装などで袴のウエストが隠れるデザインならば前を短く作りマジックテープで止めるように作ると着替えが楽です。

前見頃(前ズボン)の帯の裏側にマジックテープ(柔らかいほう)を縫ってください。


後背板 縫い代1cmつけてください

http://yousai.net/nui/hakama/obi3.gif

http://yousai.net/nui/hakama/obi.jpg

背板(というそうです。尚女性の袴ではこの背板はつかないのだそうです。HN和裁人さんより教えていただきました!ありがとうございます)

左のような台形の形をした型紙を作り、
1cm縫い代をつけて布を切る(2枚)裏にかための接着芯を貼る


B=後身頃をたたんだ時の長さです。)


http://yousai.net/nui/hakama/hakama1.gif

http://yousai.net/nui/hakama/hakama3.gif

水色の部分と同じ形の型紙を作り布を切ってください。
(これも1cm縫い代をつける)
水色の部分は共布(同じ布)で上から縫い付けます。(下記参照)
裏側にはいりません


http://yousai.net/nui/hakama/img/seita2.jpg

http://yousai.net/nui/hakama/img/seita1.jpg

三角形の布の中心側を裏へ1cm折って下さい。

台形のパーツの上に重ねて端から2~3mmの所を縫ってください。
(表側になる分だけ裏に隠れる方の台形のパーツにはつけなくて良い)


http://yousai.net/nui/hakama/img/seita3.jpg

表側同士が内側になるように2枚を重ねてください。

1㎝幅で縫ってください。
表側にひっくり返してください。


上下を逆にして重ねてください。
裏(三角形が無いもの)を下によけてください。

後身頃と表側だけ、表側が内側同士になるように重ねてください。

1㎝幅で縫ってください。

このとき縫い付けるほうの左右の縫い代を内側に向け折ってください。



△がついているほうをつける

背板の両端の縫い代を折り、背板の縫い代1cmと後身頃の横がちょうど同じ幅になるところに重ね縫ってください



図1 

後の帯も折ってください。
この縫い方は短い帯でも長い帯でも同じです。


帯を裏を上にして背板のうに重ねて1㎝幅で縫ってください。


帯の端はアイロンの折り目と逆に縫ってください。

縫い代はアイロンどおりに折ったまま端から1センチを縫ってください。


ベルトを表側にひっくりかえしてください。

端から5mmの所を縫ってください。


マジックテープ+前で結べる長い帯もつける場合

他の帯と同様にアイロンで縫い代を折り、半分に折る。
半分に折った縫い目で逆に裏が見えるように折り返し、両端1cmの所を縫ってください。


表に返し、端から3~5mmのところをミシンで縫ってください。


短い帯の上に長い紐を重ねてください。

中心側の隠れる部分だけを縫って固定してください。

※生地にもよりますが、長い紐までつけるとかなり厚くなりますので、この場合は手縫いで縫うことをおすすめします


背板を帯に挟み込むようにかぶせてください。


http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomiushiro10.jpg

端から2~5mmのところを縫って下さい。

ツイル位の厚さになると、ミシンによっては縫えなくなるので、アイロンで形を整えて、熱接着の両面テープで裏側の縫い代を固定するか、まつり縫いなどで固定してください。


短い帯の表側にマジックテープ(硬いほう)を置いて縫ってください。


http://yousai.net/nui/hakama/img/icon/hosomi7.jpg

一度試着し、お好みの丈になるように折ってください。

すそをアイロンで折って縫って下さい。

出来上がり。

次 必要な材料とオススメの生地
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする