【おさいほう】えりが着物みたいなブラウスの縫い方

着物ブラウスの型紙

印刷用説明書ダウンロード

画像の色の説明

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。


 衿付け(えりつけ)の下の部分(赤い部分)を三つ折りするか半分に折って縫ってください。

ダーツを縫う

身頃のダーツを縫ってください。
ダーツ=立体にするためのつまみ。
(このデザインに関してはダーツを縫ってからほつれ止めをしたほうが良いです)

ダーツは前は脇、後は中心に向けてアイロンで片方へ折ってください。

肩と脇を縫う

表側同士が内側になるように重ね身頃(胴体部分)の肩と脇を縫ってください。

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

襟(えり)を縫う

えりをアイロンで折ってください。
両端の縫い代を1㎝折り、さらにそれを真半分に折ってください。

着物のえりつけ

切込みを入れる

えりのカーブの所に切り込みを入れてください。
切り込みを入れることで、縫い代のラインをまっすぐに出来るので、直線のえりが縫いやすくなります。

このとき縫い代をまっすぐにする分、肩側の身頃がだぶつきますが、だぶついた所を縫い込まないように気をつけて縫ってください。

切り込みは縫い代の内側まで。(0.7~0.9cm位)

襟を縫う

身頃とえりを表側同士が内側になるようにして重ねてください。
えりの中心と、後身頃の背中の縫い目を合わせて1cm幅で縫ってください。
中心から左、また中心から右と縫っていくと綺麗につけやすいです。


甚平の襟のつけ方

一般的な織物は縦横にはあまり伸びず斜め方向には伸びやすい性質があります。
なので端から順にえりをつけていくと型紙どおりに作ったのに長さが合わなくなることがあります。


生地が伸びる

えりは斜めに切られているの伸びやすいです。


えりの中心の折り山を裏が見えるように折ってください。


えりの先を縫ってください。

余分を切ってください。

えりを閉じる


襟を表が見えるようにひっくり返して形を整えてください。
待ち針で開かないように整えてからミシンで端から5mmの所を縫ってください。

そでを縫う

  そで山には袖を立体にする為に余裕が入れられています。
ここでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまうのです。
重要!
この時縫い初めと縫い終わりは、布の端から5センチ以上離れたところから縫い始める


下糸だけを引っ張りギャザーを寄せてください。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)

そでにそで山部分を縫ってください。

上下1cm縫いあけてください。


そで山を起こしアイロンで縫い代を左右に折ってください。
縫い代を固定するために赤い部分を端から7mmくらいの所を縫ってください。


表が内側になるように半分に折ってください。

そで山の下側を1cm幅で縫ってください。

そでの横と底を1cm幅で縫ってください。


表側にひっくり返してください。

そで口の縫い代を1cmアイロンで裏へ折ってください。
そで口を端から7mmくらいの所を縫ってください。

そでをつける

表にしたそでを身頃の中に入れてください。

そでを1cm幅で縫ってください。

慣れていない人は、端から8mm位の所をしつけ糸で手縫いしてから、ミシンで縫ってください。

すそを縫う

すそを2cm裏へアイロンで折ってください。

1.5cmの所を縫ってください。



えりの先の方と、右脇の外側。

左脇の内側にひも(リボンでもOK)を縫ってください。

紐の作り方

両端の縫い代を裏に折ってください

えりの縫い代を1cmアイロンで裏へ折ってください。

紐帯の縫い方


表側が見えるように半分に折ってください。

表に戻し端から2~5mmのところ縫ってください

 内えりをつける場合。

えりの型紙を使って作ってください。
うちえりは先がほとんど隠れるので短めでOK。

表から縫い目が見えないように、手縫いで内えりを縫ってください。

この型紙で作りました

着物ブラウスの型紙

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます ※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

シャツスリーブ Mサイズ  Lサイズ シャツスリーブの縫い方

着物そで Mサイズ

パフつき姫そで Mサイズ Lサイズ パフつき姫そでの縫い方

姫そで(パゴダスリーブ) Mサイズ 姫そで(パゴダスリーブ)の縫い方

 スカラップそで Mサイズ

 半そでと外せる姫そで Mサイズ Lサイズ 縫い方

 はんそで Mサイズ Lサイズ

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー