お人形やぬいぐるみの服の端がほつれてこないようにする方法

お人形のお洋服のはしっこがほつれてこないようにする方法

あひる
お人形の服って小さいから、人間の服みたいにミシンでほつれ止めすると
厚くなったり、縫いにくかったりするんだけどいい方法ないの?
うさこ
布って端の処理を何もしなかったら、どんどん端がほつれてくるよね。
実はほつれ止め専用のほつれ止め液という裁縫道具ががあるんだよ。

ほつれ止めの液を使う

布にぬると生地が固くなって、それ以上ほつれにくくなる液です。

切ってから塗る人が多いのですが、布は柔らかいから切った後だと塗りにくいんですよね。
塗る範囲も広くなるし、触っているうちに塗り終わってない所がほつれたりします。

だから型紙を写したら、線をまたぐように塗ると、比較的細くかつ塗りやすくなります。
型紙を写す時、水や自然に消えるペンだと液で線が消えます。
なのでフリクションペンを使うとよいです。
フリクションペンは熱で透明になるペンです。
消えるのではなく透明になるだけなので、端や、裏側だけにつかってください。
ボールペンはインクで紙や布が汚れたり、水でにじんだりしやすいのでおすすめしません。

縫ったところが固くなるから、ハサミでも切りやすくなりますよ。

・接着芯を貼る

パーツが多くてほつれ止め液塗るのが大変!
という場合は接着芯を貼るといいですよ。

凄く薄い不織布の接着芯を布の裏に貼るとほつれにくくなりますよ。
ひもをテープをで止めるとばらけなくなるでしょ?
接着芯は熱を加えた時くっついて冷えると、ベタベタしないので手も布も汚れにくいんですよ。
ものすごくほつれやすいサテンの生地も、芯を貼ると一番端だけほつれますが、そこだけ切り落とせばほつれてきづらいです。
貼っていないと延々と糸がぬけていくんですよ。
不織布というのはマスクや紅茶パックみたいな、織っても編んでもいない紙みたいな布のことです。
ただし熱と温度と圧力で接着するので、中温で1か所20秒体重をかけてくっつけないとはがれやすくなるので接着芯タイマーを活用してね。
【接着芯タイマー】
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300020447

いるもの

・ほつれ止め液を使う場合
ほつれ止め液
フリクションペン

・接着芯を使う場合
薄手の不織布の接着芯
アイロン

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する