家庭用ミシンで作れるタイツ

うさこ
家庭用ミシンで作れるタイツの作り方です。
三重縫いという模様縫いと、ニット用の糸を使えば1.5倍くらいまでの伸縮に耐えるんですよ!

タイツの型紙を見る

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

画像の色の意味

表  

よく伸びるニットの縫い方。

普通の縫い方だと糸が切れるので ニット用のレジロン糸を購入してください。

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫う。
これだとかなりの伸縮でも耐えます。
あまり伸びないTシャツ生地だと右隣の雷状の伸縮縫いという機能が使えればこちらを使うといいですよ。


ニットの縫い方

ニットを使う場合は、伸びる生地なので縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、べろべろに伸びたりします。

そこで紙を帯状に切って、布と押えの間にはさむと、伸びやズレが減ります。
もしくは100円均一にもありますがセロファンを重ねて縫うと縫いやすくなります

※紙の場合一緒に縫わないように注意。セロファンは一緒に縫っても大丈夫です

丈について。

タイツの作り方

型紙のピンクの(4)の数字の所が、かかとになります。
足先にかかれた長さは、またの下からかかとまでのサイズとなるそうです
生地が伸びることを考慮しての数字だそうですので、自分の股下に近い数値のものを選んで切る

またの上を縫う

タイツの作り方タイツの作り方

表が内側同士になるように重ねる。
後ろ側(上の高いほう)の股上をゴム入れ口として2cmあけて1㎝幅で縫う。
前側の股上は端から端まで1㎝で縫う。
縫い始めと終わりは返し縫いをする。

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

返し縫い

タイツの作り方タイツの作り方
後の股上の縫い代を片方だけ糸を切らない様9mmほど切れ目を入れる。


家庭用ミシンで作るタイツ

上の縫い代だけ左右に広げる。
5~7㎜くらいの所を縫って縫い代を固定する。
ここがゴムを入れる所になります。

ほつれどめをする

家庭用ミシンで作るタイツ

2枚一緒にほつれ止めをする。
後中心は上から2cm下からほつれ止めする。



ほつれどめにはこの点線で書かれた、3点ジグザグという模様を選んでください。


2WAYの生地など、生地によってはほつれ止めしなくてもほつれにくい生地もあります。
そのときはしなくてもよいです

またの下を縫う

家庭用ミシンで作るタイツタイツの作り方

繋がった股の下同士を合わせる。


家庭用ミシンで作るタイツ

上の図のピンクの線同士と青の線同士の端を合わせて待ち針を打つ。
先に中心を止め、両足先をとめて、そのあとは中間を止めていく。
端から順番に待ち針を刺すとズレやすい。股の下を1cm幅で縫う。

【おさいほう漫画】生地がずれにくい待ち針の刺す順番
型紙どおりに切ったのに待ち針を刺していくと端がどんどんずれて合わなくなることがありませんか?

家庭用ミシンで作るタイツ

ほつれやすい生地は、同じ所をほつれ止めをする。

ウエストを縫う

家庭用ミシンで作るタイツタイツの作り方

熱接着の両面テープをお持ちの方はウエストの生地の裏側の端から2~3㎜の所に、熱接着の両面テープを貼る。


家庭用ミシンで作るタイツ

2cm裏に折る。
熱接着の両面テープを持っている場合ははくり紙をはがしアイロンで固定する。
ない場合は待ち針を多めに刺す。

1.5cmの所を縫う。

ゴムを入れる

家庭用ミシンで作るタイツ

1~1.2cm幅のゴムを入れる。
ウエスト+5㎝の長さでゴムを切る。
後ろ中心からゴムを入れる。


タイツの作り方

ゴムに消えるペンなどで片面に横線を書いておくと、端を縫い合わせるときに中のねじれに気づきやすくなる。

紐通しがない場合は安全ピンでもよいです。

タイツの作り方

安全ピンでゴム通しをする場合右のようにそのまま刺すとほぐれて抜けることがあるので、左のように一度折ってから刺すとよいです。


タイツの作り方

洗濯ばさみでゴムの端を押さえておくと中に入り込まずにすみます。


家庭用ミシンで作るタイツ

試着してきつくない程度の長さの所で手縫いでもミシンでもよいので、ゴムの両端をN字に縫う。

縫う工程がとても少ないのでぜひ挑戦して見てくださいね!

この型紙で作りました

タイツの型紙

いるもの

□ 表生地
□ レジロンのニット糸 普通の家庭用ミシン糸だと伸縮に耐えず切れます。
□ ニット針 普通の針だと繊維を切断してしまうため穴が大きくなり千切れやすくなります
□ 平なゴム

オススメの生地

伸びる生地と書かれたものを選んでください。

伸縮の無い生地で作るときつくてはくことが出来なくなりますので必ずストレッチ(伸縮)のあるものを選んでくださいね。

伸縮にも色々あるのでよく伸びるとか、2WAYとか1WAYとか書かれたものを選ぶと間違いないです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。