レースファスナーで作る四角いポーチ

自動計算

入れたい物より余裕として2cm足すのがポイントです。
小さいものだともう少し余裕が少なくても

少数点第2位以降は四捨五入してください。

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼る。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

布の切り方

自動計算で出たD、E、Fを参考に図を描く

各1枚ずつ切る。

作り方

画像の色の説明


いるもの

□ 表生地
□ 生地にあった色の糸
□ ファスナー
ピッタリサイズより付ける辺の長さより2cm以上大きいほうが縫いやすいです。
□ 薄い生地の場合接着芯

オススメの生地

綿ツイル
普通地の綾織(斜めの折模様)の綿生地。
どこの手芸店でも手に入りやすい
柔らかく縫いやすい。
綿100%で柔らかいのでややシワになりやすい。

本来ツイルは綾織という意味なのでデニムもカツラギもツイルのひとつなのですが、手芸店でツイルというと大体綿ツイルのことをさします。

帆布
トートバッグ等に使われている厚手のしっかりした生地。
平織り(縦横交互に織った生地)
張りがあるので接着芯を貼らずに作れる。

カツラギ
厚地の綾織の綿生地。
帆布より気持ち柔らかい

デニム
縦にインディゴ染めした糸、横に白糸を使って綾織した生地
縦横ともに同じ色で作るとカツラギになります。
中白といって中まで染まらないので、色落ちしたときに白くなる。
これがデニム製品の味といわれている。

ブロードシーチングの場合
薄くてシワになりやすいので裏に接着芯を貼った方が良いです。