羽のようなそでの型紙の作り方

羽根のようなそでの型紙の作り方

羽のように見える飾りのあるそでの作り方です。

羽根のようなそでの型紙の作り方

ワンピースやブラウスなど、自分の作りたいデザインに近いシルエットの改造の元になる型紙の袖を使う。

改造する

紙を足す

羽根のようなそでの型紙の作り方

そでを半分に折り、下に紙を敷きテープで固定する。
大まかな形の補助線を書く。


セロハンテープは上に線が描けないのでメンディングテープがオススメ

羽根を描く

羽根のようなそでの型紙の作り方


補助線を参考に図のように羽根を書き込む。
線が分かりやすいように上側ははみ出して書いていますが、上側はそでの半分の線に合わせる。
図は大まかな流れなので、作りたいデザインに応じて段数や、羽根の太さを変える。

羽根の形を写す

羽根のようなそでの型紙の作り方

上に紙を重ねて各段の羽根を写す。
市販の型紙用のハトロン紙は写しやすいのでオススメです。
模造紙は厚くて写しにくい。

一番上の段(紫)とそでの中心(オレンジ)の羽根は別の紙にもう一枚写して左右対称にする。
※一番上(紫)はそでやまが左右対称ではないので、そでやまの形をそのまま写してください。
他の段は端に縫い代1cmつける。

布を切る

羽根のようなそでの型紙の作り方

サテンを使う場合、一番下の羽根だけ2枚をくっつける。
型紙より大きめに布を切る。
羽根のようなそでの型紙の作り方


布用の両面接着のシートを貼る。

そのまま貼るとアイロンにつくので、布の裏に熱接着のシートを重ね、クッキングペーパーを上に重ねてアイロンをかけるとくっつかない。

羽根のようなそでの型紙の作り方

充分冷えたらクッキングシートを外し、表面が外になるようにもう一枚を重ねる。
アイロンで2枚を貼り合わせる。
熱と温度と圧力が不足するとはがれたり膨れが出来るので詳しくは、接着芯の貼り方と同様に貼る。

【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

布を切る

線にそってはんだごてで切る。
厚紙を下敷きにする。
はんだごてで切ると、ほつれ止めしなくても端がほつれません。

他の段は貼り合わせなくても良いが、こだわりたければ2枚貼り合わせる。
左右対称に写した羽根の型紙は左右対称に2枚。
縫い代をつけた羽根は左右対称に4枚切る。
※ただし、一番下は貼り合わせているので左右対称に2枚で良い。

縫う

羽根のようなそでの型紙の作り方


下から2段目を端に表同士が内側になるように重ねる。
反対側のそでの端にも羽根をつける。

羽根のようなそでの型紙の作り方

一番下も同様に裏が見えるように重ねる。
一番下は片方だけつける。

5mm位の所を縫う。

羽根のようなそでの型紙の作り方


羽根をよけておく。

羽根のようなそでの型紙の作り方

そでの上に3段目以降の羽根を重ね端を縫って固定する。

羽根のようなそでの型紙の作り方


真ん中の羽根は中央を縫って固定する。

羽根のようなそでの型紙の作り方

そで山の羽根は山の端から5mm位の所を縫って固定する。

羽根のようなそでの型紙の作り方


表同士が内側になるようにそでを折る。
羽根を縫い込まないようによけて1cm幅で縫う。

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。