【おさいほう】ビスチェにそでを付ける方法

型紙をテープで組み立てて体に当ててください。
帯状に切った紙などを体に当ててそでの長さをはかる。
肩と腕の横のちょうど半分位のところまでの長さもはかる。


型紙に紙を足して実際に作りたいそでになるように角度を書き込む

体から外し線を清書して上で図った印までの長さで線を書く
前後の袖を作り切り出して前後の袖をくっつける

縦にいくつか問う分割する


等分割したら1.5~2倍横幅が広くなるように広げる。
下に紙を敷いてテープで固定する。
袖は外側にふくらむのでその分の長さを足すため中心を2~3cm出す。

出した点を通るように線を清書する


縦 4~5cm=A

横 はかった長さ+2cm=B

縫い方

裁断したら上下にギャザー縫いをする


肩と袖のはかった長さ+2cmになるように縮めて長さを調整する



アイロンで袖を包む生地の上下を1cm裏側に折る


表側が見えるように半分に折る。

上下にバイアステープをつける
動きやすさをますにはニットやレオタード生地で包んでください

バイアステープが見えるのが嫌な人は細いバイアステープを使う。
バイアスが裏に隠れるように縫う。


つくり方の説明どおりビスチェを作ってください

ビスチェの下に袖を1cm重ねて重ねた境目から5mmの所を縫う