バイアステープを使った編み上の方法

刀剣乱舞無双というゲームの面影というキャラクターが面白い編み上げの形をしていたので再現してみました。


紐やリボンを使って靴や洋服などを体にそうようにする部分の事を、編み上げ、もしくはレースアップといいます。

うさこ
今回バイアステープを使ってちょっと変わった編み上げをやっていこうと思います。

いるもの


今回使うのは5mm幅位のバイアステープ、両面カシメ

道具は穴を開けるポンチとカシメ打ち具とアイロン、紐通しです
このキルトバイアスというものが裏に熱で溶ける接着剤がついているのでおすすめです。

作り方


編み上げたい位置にに印をつける。
今回は4cmおきに印を付けました。

力のかかる所なので布の裏面には接着芯を貼っておくと良い。


中心をとりやすいように十字に印をつける。


ポンチで十字の所に穴を開ける。

動画で使っている物はスクリューポンチと言って金づちで叩かなくても布に穴が開く器具です。


バイアスを間に通す紐の太さも考慮して長さを決める。
実際に紐を置いて長さを決めても良い。


2倍の長さに切る。


このバイアステープは接着剤がついているのではくり紙をはがす。



端を2cmほど裏に折り、アイロンで接着剤をとかしくっつける。
反対側の端を付き合わせて折り、アイロンを体重を乗せて15秒かける。
接着剤が完全にとけるのに15秒かかるため

作ったバイアスを二つ折りにする。

布の下にバイアスを重ね穴から印をつける。
他のバイアスにも同じ位置に印をつけておく。

端を内側にする理由

切った所が端にくると裂けやすいからです。


端をずらしてしまえば裂けにくくなります。



印をつけたところに穴を開ける。


これを必要な数作ります。

足の長いカシメを先に二つ折りしたバイアスに差し込む。



布の下からカシメの足を出す。

足の短いほうをかぶせる。


付属でついている打ち金具金づちで叩くのは女性の力だとしっかり締まらなかったり、指を打ったりしやすいです。

ホームセンターに売っているこういう打ち具を使うと手を打つこともなく思い切って打てます。

女性の力でもしっかり打ち込むことが出来ます。


バイアスの間に紐を交互に通す。
左右の紐の色をかえるとこんな感じになる。


ハトメや編み上げテープとは、また違った雰囲気になりますよ。
印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。