凸の角に綺麗にバイアステープをつける方法

→くぼんだ角(凹)にバイアスをつける方法はこちら

布とバイアステープが表同士が内側になるように重ねる。



バイアステープの折り目より0.1cm外側を縫う。

角の手前でバイアスの縫い代と同じ位の幅より0.1cm手前でとめる。

一度下の図のように角から45度の角度で折って、その折り線の位置で一度糸を切る。



次の辺と折り返したバイアスが一直線になるように折り返す。


次の辺にバイアスの端がそうように、戻してから縫う

バイアステープを半分裏へ折って端を包んでください。

バイアスの縫い終わり

角を縫うときは、ミシンの針が必ず下に突き刺さっている状態で向きを変えてください。

バイアステープと生地を表側同士が内側になるように重ねる。

縫い始めのレースは端を斜めに折る。

反対の端は最初に折ったところを通り過ぎたところで45度に折る。
折ったところが重なると厚くなるので、ずらして厚みを減らします。

端を縫い代側に折ることで表に返した時、端が裏に隠れます。