6本ピンタックブラウスの縫い方

型紙準備中

縫う前の下準備

表えりと台えり1枚とそで口のカフスと持ち出しと型紙に書かれた部品の生地の裏側に接着芯を貼る。
※芯は縮むので先に芯を貼ってから型紙を写してください。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

 接着芯


ダーツ

後身頃(胴体)のひし形の部分を縦に折って縫うとウエストが絞られて立体的になります。

ピンタック

【おさいほう】飾りの細いヒダ ピンタックの縫い方
細い折り目で出来た飾り縫いのしかたです

すそ


縫い代を1cm裏に折り7㎜くらいの所を縫う。

持ち出し


接着芯を貼った持ち出しを縦に半分にアイロンで折る。
広げて片端を1㎝裏に折る。(左右対称に1組作る)

前身頃(胴体)の表側を上にして持ち出しを内側の縫い代を折ったまま、前身頃の下に重ねる。
下は縫い代分1cmはみ出ます。
折り目を付けていない方を前中心に合わせる。
1㎝幅で縫う。


縫い代で表が見えるように折る。


アイロンでつけた真ん中の折り目で裏が見えるように折る。
布の厚みがあるので下をすそより1mm下の高さで縫う。



持ち出しの半分を裏側へ折る。
形を整えて持ち出しの端から5mmの所を固定する。

えり

↓えりの詳しい縫い方

レースを挟んだシャツカラーの縫い方
このような2つのパーツの型紙になります。 各2枚づつ裁断してください。 上側を表...

そでを付ける

そでの上下の3mmと7㎜くらいの所にギャザー縫いする。

【おさいほう】ギャザーの縫い方
ギャザーの縫い方 糸の調子を調整する ミシンの縫い目の長さを長くしてください...

カフスの縫い代を1cm裏側に折る。


カフスを表面が内側になるように折り、端を1㎝幅で縫って輪にする。
芯を貼ったものも合わせ4つ作る。



フリルの上側の3㎜と7㎜のと頃にギャザーを寄せる。


フリルも表面が内側になるように折って1㎝幅で縫う。

フリルの下の縫い代を裏に1cm折って、7㎜くらいの所を縫う。


そでを表同士が内側になるように折り、端を1㎝幅で縫う。



接着芯を貼ったカフスに、フリルを表同士が内側になるように重ねる。
ギャザーを引っ張ってフリルを縮め同じ長さになるようにする。
カフスの折り目を広げて5mmの所を縫う。
【おさいほう】ギャザーの縫い方
ギャザーの縫い方 糸の調子を調整する ミシンの縫い目の長さを長くしてください...

カフスの片方の折り目を広げ、芯を貼っていないカフスを表同士が内側になるように重ねる。
フリルを付けた辺を1㎝幅で縫う。



芯を貼っていないカフスを内側に入れる。
アイロンで形を整える。
レースの近くの縫い目から5mmの所を縫う。

カフスを広げる。
えりとカフスを表同士が内側になるように重ねる。
接着芯を貼った側をそで口に合わせて1㎝幅で縫う。


芯を貼っていないカフスを内側に入れて、カフスの上側5mmの所を縫う。

そでをつける

身頃は裏面が、袖は表面が見えるようにする。
そでを身頃の中に入れて印を合わせて待ち針を止める。


脇→肩→印という順に待ち針を刺す。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整する

しつけ糸で仮固定をする

手縫いで端から7mmくらいのところを縫う
縫ったら待ち針ははずす。
全部を手縫いで作る場合はここは省略する。
ミシンに慣れている人はしつけをしなくても大丈夫だと思えば飛ばしてください


端から1cmの所を縫う。
縫い終わったら仕付け糸ははずす。

ボタンを付ける

【おさいほう】ジグザグ縫いで作るボタンホールの作り方とボタンの付け方
ジグザグのできるミシンならどれでもできるボタンホールの作り方とボタン付け方 ボタンホール押さえをなくしたよ~というときに活用ください


この型紙で作れます

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます

※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

の型紙

いるもの

□ 表生地


オススメの生地

ポリエステルツイル
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

マットサテン光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。