手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング  >  部分縫い > 2枚そでの作り方

2枚そでの縫い方。
←このように2枚のパーツで立体的に出来上がるそでの縫い方

Translate

表  

接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙で指定された場所の裏に接着芯を付ける

縫う前の下準備に詳しく説明しています。

1枚そでから二枚そでへの型紙の改造方法




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布はしのほつれどめ
裏地なしの縫い方
拡大図↓
そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。
 ここでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまうのです。
 

重要!
この時縫い初めと縫い終わりは、布の端から5センチ以上離れたところから縫い始める
初めと終わりの糸は少し長めに出しておく。

ギャザーの寄せ方

 ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

ギャザーの縫い方
図A

図B

上糸を弱くします。

上糸はミシンの糸調節を弱く、もしくは数字を小さくするだけです

通常図Aのように糸調子は布の間でつりあった状態が綺麗といわれますが、

あえて上の糸を弱くすると、上の抵抗が弱いため下に糸が引っ張られ図Bのようになります。

縫い代の中を2本縫います

1本より2本縫ったほうがギャザーが均等に寄せやすいです。

縫い始めは糸がすっぽ抜けないように、ミシンの後に糸を長く流して置き、縫っていきます。

 縫い終わりは長めに糸を残し切るといいです。

そして裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーを寄せます。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)
糸調整を元に戻してください。
2枚のそでを表側が中になるように重ね両脇を縫います。

同じように裏地も縫ってください。

アイロンでそで口を出来上がり線で折ってください。

アイロンで縫い代を折り縫ってください。
見頃(胴部分)は裏返してそでは表にひっくり返してください。。

見頃の中にそでを入れてください。

肩と、脇を最初にあわせてまち針でとめてください。
縫う場所より2〜3ミリ横を仕付け糸を使い縫っておくと、ミシンで縫う時に針を折る心配がなくていいよ!

しつけ縫いをしたらミシンでそでぐりを縫ってください。

そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。
慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で縫ってください。
ミシンで1cmの幅で縫ってください。

ミシンで縫ったらしつけ糸は抜いてください。
縫い代はそで側に折って下さい。

そでの付け方
  

裏地つきの場合

市販の型紙で裏地を取るときは、5mmくらい大きめにとっておくとあとが楽です。

洋裁工房の裏地の型紙にはあらかじめキセ分余分が入っています。

どうしても裏地はテロテロしているので、綺麗に裁断したつもりでもずれが出て小さくなっていたりします。

大きい分を調節することは簡単ですが、小さいものを大きくするのは難しいので、裏地だけはちょっと余裕を持っておくと綺麗に仕上がりますよ!

図い
図ろ
図は
裏地を調節する方法

まず普通に1センチのところを縫う。(図い)

5mm前後縫い代より内側をアイロンで折る。(図ろ)

アイロンの温度は中〜低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。

折り目を広げないように気をつけて生地を広げる。(図は)

市販の裏地のついた洋服を見てみると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを見ることが出来ます。

表地より裏地の余裕が少ないと、表が突っ張ったような感じになりますので、裏は多少ゆとりがあったほうが綺麗に仕上がります。

この折り目に余裕を持たせることを

きせをかける」といいます。

きせの幅はきっちりはからなくていいですよ。

特に裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変にずらしてください

拡大図↓
そで山にギャザーを寄せてください。
そして裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーを寄せます。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)

裏地も同じようにギャザーを寄せてください

【重要】 必ずミシンの上の糸調整を元に戻してください。

2枚のそでを表側が中になるように重ねて両脇を縫ってください。

同じように裏地も縫ってください。

アイロンでそで口を出来上がり線で折ってください。
裏地のそで山の縫い代をアイロンで裏側へ折ってください。
裏地と表地を内側同士が表になるように重ねてください。

表と裏地のそで口をあわせて1cmで縫ってください

表がえして、アイロンの折り目通りにそで口を折ってください。

袖は表側が見えるように、身頃(胴体)は裏側が見えるように用意してください。

裏地はこのとき縫わないようによけてください。

そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。
慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で縫ってください。
ミシンで1cmの幅で縫ってください。

ミシンで縫ったらしつけ糸は抜いてください。
縫い代はそで側に折って下さい。

裏地のそで山を表地のそでの縫い代を覆うように待ち針で身頃のそでのカーブにとめてください。

手縫で表に目立たないように裏地をぬいつけてください。

裏に隠れる部分なのでしわはあまり気にしなくていいです。

それより縫い代を余分に取りすぎて、引きつらないように注意してください。

肩章の型紙

お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

テーラードカラーの形を改造する方法

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト