手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 婦人服 > そでの縫い方

袖のつけ方

translate

名称を覚えましょう
一番ふくらんでいる所、本体に縫い付ける所を袖山と言います
袖の脇のようなところを、袖底と言います。
そして手を出す部分を袖口と言います。


JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。

またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ギャザーの寄せ方

 ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

そでの準備

ギャザーの縫い方

図A

図B

上糸を弱くしてください。

上糸はミシンの糸調節を弱く、もしくは数字を小さくするだけです

通常図Aのように糸調子は布の間でつりあった状態が綺麗といわれますが、あえて上の糸を弱くすると、上の抵抗が弱いため下に糸が引っ張られ図Bのようになります。


縫い代の中を2本縫ってください

1本より2本縫ったほうがギャザーが均等に寄せやすいです。

 縫い始めは糸がすっぽ抜けないように、ミシンの後に糸を長く流して置き、縫っていきます。

 縫い終わりは長めに糸を残し切るといいです。

 ギャザーを寄せたら裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーを寄せてください。

(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)

 糸調整を元に戻します

次に袖底を中表(縫い合わせようとする面が表同士になるようにあわせること)にし、赤い部分を縫ってください。

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください


←横から見頃(胴部分)は裏返してそでは表にひっくり返しておきます。

見頃の中にそでを入れます。

肩と、脇を最初にあわせてまち針でとめていきます

縫う場所より2〜3ミリ横を仕付け糸を使い縫っておくと、ミシンで縫う時に針を折る心配がなくていいよ!

しつけ縫いをしたらミシンで縫ってください。

試着してそでの長さを確認して縫い代を中に折って縫ってください。
そでを縫う

そでを身頃につける


その他の洋裁まんが 

その他の洋裁動画

以上が袖のつけ方の基本です

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト