手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 和服もどき >

 

婦人浴衣の作り方

各部名称

前身ごろ
後身ごろ
おくみ
えり
そで
おび
おはしょり

当方は洋裁工房ですので、本物の和裁を学びたい方は和裁専門のサイトへ行かれる事をお勧めします。

あくまで洋裁方式で作る浴衣です。

※この作り方はコスプレや演劇のための衣装を短時間で安く作りたいという人のためのものです。

洋服と着物がそれぞれ専門店があるように、洋裁と和裁では学ぶ学校も別な異なる専門分野ですのでご了承下さい。


浴衣の型紙

ノースリーブのギャザーワンピースの縫い方
印刷用説明書


布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


型紙のサイズの調整の仕方

丈(縦の着物の長さ)はすそに身長が書いてあるのでその線で切ってください。

洋裁工房のゆかたの型紙は貼り合わせがしやすいように前後に分割しています。

肩のところで貼りあわせてください

型紙には縦に3本線が入っています。

右端の線で切って

左端の線に重ねるとSサイズ

真ん中の線で重ねるとMサイズ

何もせずそのままだとL

間に紙を2cm足すとLLサイズ

間に紙を4cm足すと3Lという感じに簡単に大きく出来ます。

   
布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

おくみ(図の台形のパーツ)と前身頃(胴体)の中心を縫ってください。

製図はこちら

えり付けの下の部分を三つ折りしてください。

三つ折が難しい場合は2つ折りでもいいです。

身頃を内側同士が表になるように重ねてください。、後中心を1cm幅で縫ってください。

アイロンで背中心の縫い代を両方とも表から見て左に折ってください。

背中の縫い代は2枚一緒に片方へ折ってください。

えりの縫い代をアイロンで折ってください。
両端の縫い代を1p折り、さらにそれを真半分に折ってください。
えり芯を半分に折ってください。

えりの内側に入れる補強の芯のこと。
シーチングやさらし等無地の物。表に色、柄が透けなければ、ゆかたの端切れでもよいです。
それを横30cm縦10.5cmの長方形に切って使ってください。

裏を上にしてえりを広げてください。
えりの上にえり芯を重ねてください。
えりとえり芯の真ん中を合わせてください。
えりの肩のカーブの縫い代に7〜8mm程度の切り込みを入れてください。

切り込みを入れないとカーブがきついので、しわが入りやすいので、忘れずに。

表同士が内側になるように身頃(胴体部分)にえりを重ねてください。

襟の中心と、身頃の背中心を合わせてから左右を1cm幅で縫ってください。縫っていくと綺麗につけやすいです。

えりの縫い方
甚平のえりの縫い方 一般的な織物は縦横にはあまり伸びず斜め方向には伸びやすい性質があります。

なので端から順にえりをつけていくと型紙どおりに作ったのに長さが合わなくなることがあります。

えりは斜めに切られているの伸びやすいです。

だから生地の長さどおりにつけると会わなくなるので下の図のように端同士を固定してから、中央をと、等分するように待ち針をさしてください。
生地が伸びる

衿の先を縫ってください。

衿の中心の折り山を裏向きに折ってください。

余分を切り落としてください。

上記が難しい場合は
えりを縫いつけたあと、縫い代1cm残して先を切ってください。
えりの両端の縫い代を裏側へ折ってください。

えりの先の縫い代を裏へ折ってください
アイロンでつけた折り目で半分に折って端から5mmのところを縫ってください。

  えりの裏の赤い部分を手縫い(まつりぬい)でおもてに目立たないように縫ってください。

でもこだわらなければおもてからミシンで縫ってもよいです

まつりぬい

まつり縫いのしかた
表を上にした身頃(胴体)の上に裏を上にした袖を重ねて1cm幅で縫ってください。

肩と、そで山(真ん中の印)を合わせて、指示された区間を縫ってください。

縫い代は左右に折ってください。

おさいほうの用語でこれを割ると言います

そで口を23cmあけて、そでの下まで1cm幅で縫う。

アイロンで縫い代を後に折ってください。

そでくちの縫い代を三つ折して縫ってください。

先にアイロンで折り目を付けて縫うと楽ですよ。

脇を1cm幅で縫ってください。

製図で書いた「見八つ口(15p)」を残して脇をまっすぐ縫ってください。

そでのわきの下(みやつ口)とそで付けの下を縫い代をアイロンで内側に折り、縫ってください。

手縫いでも良いですし、こだわらなければミシンでどうぞ。

すその縫い代を裏へ追って、縫ってください。

共えり(えりカバー)を付けてください。

上下左右の縫い代をアイロンで折ってください。

かぶせえりの中心とえりの後ろ中心を合わせてピンを刺してください。

手縫い(本ぐけ)でえりにかぶせえりを縫いつけてください。

↓このようにかぶせえりとえりの端を交互に0.5〜1cm間隔で縫ってください。

手縫いで縫っておくとえりが汚れても、この共えりだけを取り替えればいいのですよ〜。

かぶせえりをえりにそって折り、まつりぬいをしてください

まつり縫いの仕方

   
これで、着物自体は完成ですがより頑丈に、透け防止をしたい場合は、いしきあてというパーツをお尻の所に縫い付けます。
着物の反物で作る場合は両脇はほつれないのですが、洋服生地で作る場合は両端がほつれるので図のように上下左右を1cm内側に折って縫ってください。
縦に折り目をつけてください。
いしきあての折り目を後中心の縫い目を合わせてください。
折り目から5mm横を縫ってください。
耳ぐけという縫い方で横と下を縫ってください。

布の間を通り、いしきあて側を1mm縫ってください。
表まで針を出し、繊維を1〜2本すくいとる。
再びいしきあて側を1mm縫ってください。
布の間を2cmほどくぐらせてください。
これの繰り返しです。



浴衣の型紙

 

★★★★★★★★★★★★★★

紐の先についた房の作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト