【おさいほう】ヒダ(マチつき)ポケットの縫い方

このような立体的なポケットの作り方

型紙の指示通りアイロンで、山折り谷折りして折り目を付ける。

縫い方

裏が見えるように半分に折って、裏から谷折りの部分を、上から2.5cm縫います。
同様に下から1.5cmほど縫います。

表から見たらこんな感じ。

中央のヒダが上下固定されました。

ポケット口の縫い代を裏へ折って、端から1.5cmの所を縫います

一番内側の山折りの所で折って、折り山の端から1~2mmの所をミシンで縫っておきます

身頃のポケットを付けるところに印を忘れずにつけておく。

型紙の印を付けるところを、目打ちや不要になったミシン針等で穴をあけて、そこから、消えるチャコペンで印を付けておく

出来上がり通りにポケットを折りたたんで印の上にポケットを置きます。

ずれないようにポケットを下に向けて裏返し、ポケットの底を縫います。

ポケットを起こします。

上側の折り目をよけてピンを打ちます。

端から1~2mmの所を縫います。

左側も同じように縫ってね

するとこんな感じの立体のポケットになるよ。

雨ぶたを縫います。
2枚重ねた布が内側同士が表になるように重ね(これを中表といいます)縫い代を縫います。
ひっくり返すために一部開けておきます

表に返して、アイロンで形を整えます。
端から5mmの所を縫います。

ボタンホールをあけてください。

ボタンホールの向きはデザインによってお好みにかえてください。

雨ふたを重ねて、上の縫い目にそって縫う

もう1本上から~2mmの所を縫う

ボタンを付けて完成。

このタイプにする場合は

←ここを裏表逆に縫うだけでOKです

そのほかのポケットの縫い方

【おさいほう】ズボンのお尻等の上下をくるんだ表から見えない(玉ぶち)ポケット
バイアスポケットや箱ポケット等とも呼ばれます よくズボンの後ポケットとかで見かけますね。 このように上下に縁取ってあるタイプ...
【おさいほう】2枚で作るズボンのポケットの縫い方
一般的なズボンのポケットの縫い方です
【おさいほう】ジャンパーやスカジャンなどの表に見えない(玉ぶち)ポケットの縫い方
型紙に印をつける 型紙を体に当てて鏡を見ながらポケットを付けたい位置に大まかに印をつけてください。 体から外し線を清書...
【おさいほう】シンプルなポケットの縫い方
そのほかのポケットの縫い方 四角いポケット ポケット口の縫い代を裏に折りミシンで縫う。 横と下の縫い代をアイロンで裏に...
【おさいほう】表から見えない脇の袋ポケットの作り方
タイトスカートとかで見かける一見表からポケットが見えないタイプのポケットのつくり方です。
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする