【おさいほう】ズボンのお尻等の上下をくるんだ表から見えない(玉ぶち)ポケット

バイアスポケットや箱ポケット等とも呼ばれます


よくズボンの後ポケットとかで見かけますね。

このように上下に縁取ってあるタイプの縫い方

そのほかのポケットの縫い方

シンプルなポケット

玉ぶちポケット その1

玉ぶちポケット その2 フラップ(雨ぶたのあるタイプ)

縫う前の準備

表  

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
見返しとえりとカフスと持ち出しの裏に接着芯を付ける

くわしくは縫う前の下準備を参照

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備

印をつける

ポケット布に型紙から図のように線を写す。


胴体にもポケットを付ける位置に印を付ける。
ポケットの穴を開ける場所の裏に接着芯を貼る。
型紙についている縫い代の印を忘れずに写す。

前身頃(胴体)とポケットを重ねる

身頃に描いたポケットの印と、ポケット布の印を合わせる。
この時身頃は表を上に、ポケットは裏を上にして重ねる。

しつけ糸で固定する


しつけ糸をで印か3~5mmくらい横を、手縫いで固定する。
印の上をしつけ糸で縫うととミシンをかけた後、糸を抜くのが大変になります。

裏から見るとこんな感じ


ミシンで四角の印の上を縫う。