si しつけ糸【おさいほう用語】

よみがな

しつけいと

ざっくりとした説明

正式名称は「しろも」というそうです。
色のついた仕付け糸は「いろも」

洋裁 では粗縫い用、 和裁 では新しい新品の証として、装飾的に縫いつける 糸 の事を指すらしい。

ちょっと太めの、柔らかい 糸 。

しろ、ピンク、水色、黄色等をよく見かける。

洋裁でも 仮縫い や、ダーツや タックを押さえる為に使用したり、 切りじつけ に使用したりと結構幅広く使います。

こどもの しつけ などに使用される「しつけ」は和服の着物を縫い上げたとき、その折り目を正しく保つために用いる「しつけ糸」からきているという説もあるらしいよ。
こっちが先なのですな。

関連ページ

布に糸で印をつける方法 切りじつけの仕方
チャコペンもチャコペーパーもない遙か昔から伝わる、なれるととても効率のいい糸で布に印をつける方法です
しつけ糸の使い始めの準備の仕方・糸の取り方
洋裁教室でよく仕付け糸(しつけいと)がもつれて上手く糸を引き出せないという声をいただくので、仕付け糸の使い始めの準備を図解してみました

買ったばっかりのしつけ糸は輪になっていて、どうやって使いはじめたら良いのか分かりにくいので、画像で補足してみました

英語表記

Basting thread
Basting しつけをする
Tailor basting. diagonal basting. 斜めじつけ
uneven basting 一目落としのしつけ
Slip basting 巻きじつけ

洋裁用語 > さ行

洋裁用語集 うさこの洋裁工房
言葉を厳選して書くと結局他の辞書とほとんど書くことが同じになっちゃうので 主観ばりばりの、ほかには無い洋裁用語集にするつもりです。 読み物としても面白いが目標です。