直線だけだから超簡単! 袴風スカートの作り方

ボックスプリーツスカートとしても着られる袴風スカートの作り方です。
↓2020/5/31まで型紙を無料公開しています。↓
袴スカートの型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

縫う前の下準備

1/10サイズで試作してみよう!

接着芯を貼る

前のベルトにだけ接着芯を貼る。

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

型紙を布に重ねる。
布に線を写す。


ヒダを折る時の目安として、型紙の端の印の所を7ミリ切れ目を入れる。
上下の切れ目で折りたたんで左右に引っ張ると折る位置がはっきりします。

ヒダを折る

型紙通りに折りたたむ

しつけ糸を使って印をつけると裏と表の両方から印が見えるので折る時に便利です。

このとき山折と谷折で色を変えておくと間違えにくくなる。


折り目は表から見た時の折山です。
1/10サイズを折りたたんで手元に置いておくと間違いにくいと思います。
先に山折りを折ってから次谷折りという感じに折る方向を一気に折ると間違えにくいですよ。

ほつれ止め

布の周りをほつれ止めする

ベルト

ベルトを半分に折る。

端から2ミリと9ミリ幅で縫う。



スカートとベルトを1センチ幅で縫う。



縫い代を上に折り、表から2ミリの所を縫う。

細いゴムを使う場合は真ん中も縫う。


後ベルトにゴムを通す。
ゴムを持つ長さが必要なので、ベルトより3㎝だす。
待ち針で固定する

ゴムの長さの目安

ゴムの長さは子供のウエスト÷2×0.9+6cm。

ウエスト 43cm →ゴム 25.5cm
ウエスト 45cm →ゴム 26.5cm
ウエスト 47cm →ゴム 27.5cm
ウエスト 49cm →ゴム 28cm
ウエスト 51cm →ゴム 29cm
ウエスト 53cm →ゴム 30cm

両方3cmゴムを出しておいて、両端から7~8mmの所を縦に縫う。
ゴムによって強さが違うので、先に片方縫い付けてから、お子さんのお腹に合わせて微調整するといいです。
力がかかる所なので2~3回往復して縫う。

ゴムを引っ張って切ると端が7mmの縫い代の中に隠れます


前後のスカートを重ねる
両脇を1センチで縫う

すそを上げる

2cm内側に折って1.5㎝の所を縫う。

完成です
着物と合わせなければ
ボックスプリーツスカートです

丈について

ニューヨーク公共図書館デジタルコレクション

昔の写真を色々見て見ると動きやすくするためか短めに来ている子供が多いので、すそ踏んで転びそうと思ったら、すそを短めに作ってもいいと思います。

すそ上げするときに長めにすそを上げて大きくなったら伸ばせばいいのです。

この型紙で作れます

子供用袴風スカートの型紙

いるもの

□ 表生地
□ 生地にあった色の糸
□ 接着芯15cm位

オススメの生地

厚くない生地が良いです。
ツイル(チノパンの生地)位の厚さまで。
それ以上で作ると縫いにくくなると思います。

サンプルはポリエステルアムンゼンで作りました。
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。