【おさいほう】Wボタンのベストの縫い方 

Wボタンのベストの型紙型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

布を切ったら図の赤い所をほつれ止めをしてください。

それ以外は中に隠れるので不要です。
型紙で指定された場所の生地の裏に接着芯を付けてください

画像の色の説明

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

ほつれどめ


整用のベルトを作ってください。
上下にチャコペンで2cm幅の線を引いてください。
その幅の線に端を合わせるように折ると綺麗に1cmで折れます。

紐帯の縫い方

ベルトを作る

片方の端だけ裏へ1cmに折ってください。
反対側はダーツの中に隠れるので縫わなくてよいです。
半分に折って、5mmの所を縫ってください。


移動カン

片方に移動カンを付けてください。


ベルトの端をダーツの中央の1~2mm手前の所に合わせて、端から2mmくらいの所を縫ってください
(ダーツの中央から1~2mm離すのは厚み分を考慮して)

ダーツを縫う

前と後身頃(胴体部分)のダーツ(立体にするためのつまみ)を縫ってください。
ダーツを半分に折ってくの字に縫ってください。
同じように前のダーツも縫って下さい。

後中心を縫う

後中心を1㎝幅で縫ってください。


縫い代はアイロンで左右に折ってください。

後ろの見返しも中心を1㎝幅で縫ってください。

肩を縫う

表同士が内側になるように重ねて肩を1㎝幅で縫ってください。

えりをつける

えりをつける場合

つけない場合はえり関連のところは飛ばしてください


隠れるほうのえりに手縫いで印をつけてください


フチにそって1㎝幅で縫うとヘチマ(ショール)カラー
型紙にかかれたくの字の印あわせて内側に縫うと、テーラードカラー風になります


表にひっくり返してアイロンで形を整えてください。
端から5mmのところを縫ってください。


5mm縫ったほうを印のついたほうへ折ってください。
折った状態で開いているほうを5mm幅で縫ってください。これでえりを折り返したとき綺麗に仕上がります。


印をつけたほうのえりを下にしてください。
表にした身頃(胴体)の上に重ねてください。
ベストの斜めのところは伸びやすいので伸場差ない様に気をつけて固定してください。
端から5mmのところを縫ってください。
えりをつけない場合はここまで飛ばしてください。

見返しを付ける

広げた身頃の上に表同士が内側になるように見返しを重ねてください。
前中心とえりとそでのカーブを1㎝幅で縫ってください。


えり首とそでぐりの縫い代を5㎜幅に切り落としてください。
カーブに切り込みを入れてください。
切込みを入れず裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)


前の角の縫い代を切り落としてください。

ひっくり返す

前身頃を肩の中を通して表替えしてください。
アイロンをかけて縫い代を落ち着かせてください。

脇を縫う

見返しを広げてください。
前身頃と後見頃が表が内側になるように重ね脇を1㎝幅で縫ってください


脇を広げる。
縫い代をアイロンで左右に折ってください。


アイロンですその縫い代を1.5㎝幅で折ってください。
赤い部分を端から0.5cm、すそだけ1cmの所を縫ってください。
ボタンホールを開けてボタンを付ければ完成です。
ボタンホールの開け方はミシンによって全く違うので、説明書を見てね。

ボタンをつける

ボタンとボタンの穴を開ける位置で右前左前を変更できます。

必要な材料とオススメの生地

改造用パーツ

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

へちま・テーラード風のえりの型紙  Mサイズ Lサイズ

【おさいほう】シングルボタンのベストをWボタンにする方法
シングルボタンのベストの型紙をWボタンの型紙に改造する方法です

必要な材料

□ 表生地
□ 接着芯 70~140cm(薄い生地は表地の裏にも芯を貼ってください)
□ ボタン(お好みでスナップボタン)
□ ミシン糸

おすすめの生地

株式会社カトウのポリエステルツイル

化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです
張りがあります、パニエを下にはいて広げたい場合に向いていますが、張りがある分柔らかくドレープを出したい場合には向きません。
初心者にも扱いやすい生地です。

ポリエステルツイル

カトウさんのより気持ち柔らかい気がしました
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー