【おさいほう】球や半円の型紙の作り方

小学校のときに習った円の計算で球を作ります。
帽子のベース作りにも応用できます。

必要なもの

□ コンパス
□ 定規
□ メジャー
□ ペン
□ 紙
□ テープ

コンパスで紙に円を書く

作りたい円の半径の弧を描く。
4分の1描けばOKです。
半径が分からないときは、円周÷3.14÷2=半径。

分割する

写真のものは1.5cmで平行に線を引きましたが、等分割でも良いです。
分割したら縦線に対し直角に弧まで線を引く。
定規で線の長さを測って数値を書き出しておく。

弧の長さを測る

上から分割線までの長さをメジャーではかる。
はかった数値を書き出してください。

別の紙に型紙を書く


左右対称に作るので作りたい型紙の半分を作る。

360÷分割したい数÷2
作図例では6分割したので
360÷6÷2=30°で線を引きました。
写真は10分割しているので10分割の場合は360÷10÷2=18°


コンパスで弧の長さの数値で線を引く。


はかった数値で円周を割り出す。

半径×2×3.14=円周



イメージとしてはこういう輪切りにした状態をイメージしてください。

割り出した円周÷分割数÷2で計算する。
各段割り出した数字の長さで印をつける。



印をつなげる。

縫い代を1cmつける。


紙に写して左右対称になるように貼り合わせる。


全球にする場合は下をまっすぐにする。
紙に形を写して上下対称になるように貼る。
分割数分つなげると球になります。

応用

円をつぶしたようなシルエットの帽子の型紙も作れます

円にしないときは好きな立体の縦割りの断面図を描く。
後は上記と同様に分割して分割したところを図って作る。


分割数を増やせばこんな変わった形も作れます。


実際にこれを応用して作った円以外の形がこちら

目と口はもうちょっと上でも良かったですね。

関連情報

半円10分割 直径100cmの型紙(円周314cm)

半円10分割 直径19.7cm(円周62cm)