ロングテールスカートをトレーンスカートに改造する

ロングテールスカートをさらに長く改造する方法です

縫い代を外す

型紙をつなげるため脇の縫い代を折りたたむか切る。

サイズを測る

ドレス関係はまずはパニエとそのときにはく靴を用意してください。
ヒールの高さやパニエのボリュームで長さが変わるからです。

自分で着る場合は実際にパニエと靴を履いて作りたいデザインの丈までをメジャーで計ってもらってください。
トルソーがある場合は靴を履いたときの自分のウエストの高さにトルソーの腰を合わせる。
パニエをはかせて好みの丈になるように測る。
最低前中心、脇、後斜め、後中心を測る。

紙を足す


型紙を貼りあわせ、伸ばしたい丈分紙を足してください。
中央を通るように補助線を引く。
補助線の延長線上をウエストから測った長さの線を引いてください。

ウエストにギャザーを寄せたいとき

ウエストを10cmほど内側に並行に線を引きなおして、そこから丈を書いてください

線を引く

赤線の端を通るように線をつなぐ。
縫い代を付けて切り出してください

後フリルスカートの後ろを長くする

改造パーツの所に前フリルの型紙があります

それに紙を足してください。
鏡を見ながら実際にメジャーで前、横後を測る。
前を下げたい長さ=A
横の長さ=B
後の長さ=C
このとき靴のヒールの高さで変わってくると思うので
実際にその服を着るときのヒールを履いて確認する。
一人では難しいので手伝ってもらうといいでしょう。
トルソーがある場合はトルソーの腰の位置を
ヒールを履いたときの高さにしてから測る。

紙を足した型紙のウエストラインから
前後脇をすそに向かってABCの長さの補助線を引く


補助線の端を通るように線を引いてください
縫いしろの線も引いてください。

脇の線で切り離して縫いしろをつけてください。
前中心に縫い目があると目立つので

別の紙に前中心と同じ形を写して左右対称に貼り合わせる。