二次元のように広がるボックスプリーツスカートの縫い方

二次元のように広がるボックスプリーツスカートの型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼る。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

型紙の写し方 ※重要


プリーツスカートは、布の裏と表どちら側から印をつけるかによってヒダの向きが変わります。

この型紙は布の表に重ねて作る。

各パーツ1枚ずつ切る。

画像の色の説明

印は切りじつけで入れると裏表両方から見ることが出来ます。

また山折と谷折の折り目の糸の色を変えると折るときに混乱せずにすみますよ

ヒダを折る

型紙に書かれたとおりに、アイロンで山折り、谷折りして、折り目をつける。

キレイにヒダを折るポイント

生地によってアイロンの適正な温度が異なります。
綿なら高温、化繊が入っている場合は中温、毛の場合は低温でアイロンをかけてください。

温度を間違えると、折り目がつかなかったり、生地が熱で引きつったり表面にテカリが入ったりしますよ。

伸びないようにするためにハンカチ位の厚さのはぎれを上にかぶせてアイロンをかけてください。
あれば、クッキングペーパーを使うといいですよ。

ヒダを仮固定する

ヒダがとれないように上から5mm位の所を手縫いで大きい縫い目(2~3cm位)で縫う。

あとで微調整するのでミシンではなく手縫いしてください。
一番端のヒダ(前スカートA・着替えの為の脇のあきのあるパーツ)は固定しないでください。

おすすめアイテム

折り目加工スプレー

プリーツスカートや、袴もどきを作る際の必須アイテムです。
これをしていないと、大概の生地は着ているうちにヒダが消えてしまいます。
生地に湿る程度に振りかけてアイロンをかけると、プリーツが消えにくくなります。
必ず用意してください。

ファスナーをつける脇を縫う


前と後ろの着替えの為の脇のあきのあるスカートのパーツを表同士が内側になるように重ねる。

(前スカートAと後ろスカートA)

あきどまり(ファスナーが開く境目)からすそまで縫う。

まっすぐ縫うのが苦手な方はしつけ糸で縫ってからミシンで縫うと安心ですよ。

スカートをつなげる

4枚を円になるようにつなげる。
ウエストベルトを縫う。

ウエストベルト


ウエストベルトの裏全体に接着芯を貼っておくのを忘れずないでください。

芯がないとヘロヘロした仕上がりになるよ。


ウエストベルトはあらかじめアイロンで縫い代を裏側に折る。


さらに半分に折る。

ベルトをスカートにつける


スカートとベルトを表同士が内側になるように重ねる。

スカートよりベルトが●=1cmはみ出すように重ねて縫う。


両端の縫い代を裏へ折る。



スカートの縫い代をベルトで包んでください。

ベルトを縫う。



かぎホックとスナップボタンをつける。

カギホックのつけ方

スナップボタンのつけ方

ヒダを広げて裾(すそ)をアイロンで2cm幅に折る。

すそを縫う。

完成です。

この型紙で作りました

広がるプリーツスカートの型紙

いるもの

□ 表生地
□ ファスナー20cmくらいのもの
□ 接着芯 縦15cmくらい
□ カギホック
□ 生地にあった色の糸

オススメの生地

ポリエステルツイル
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。