付けえりのつくり方

襟(えり)を縫う


えりの裏に接着芯を貼はってください。 台えりの裏側に隠れるほうの下側の縫い代をアイロンで2mmくらい狭く折っておく。1cmの縫い代だったら8mmくらいで。 この2mmがミシンで縫ったとき縫い目がえりから落ちにくくなるポイントです。


どちらが表から見えるえりか、裏に隠れるえりかわからなくなりやすいので、しつけ糸などで、裏に隠れる方のえりに印をつける 完成したら抜くので玉止めなどはしなくていいです。

イラストと動画のやり方が違うものもありますが、動画と平面のイラストだとわかりやすい表現が異なることがあります。 どちらでも完成しますので、自分が理解できたほうで作る。

シャツカラー4 表えりの縫い方

えりのゆるみを作る

 

このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと 首にそったカーブがあります。


外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

その差を補うために2~3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節する必要があります。



これをしないと右側のえりのように長さの不足する表側のえりが引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

シャツカラー5 表えりのフチを縫う


この区間は均等に待ち針を刺し縫う。


えり先のゆるみの作り方

このとき図Aのように「表に見えるほうのえり」(印の付いていない方)を2~3mm内側にずらしてまち針をさしてください。 しわが入らないように、目打ちなどでダブ付いた分を内側へ押しこむようにして縫う。


衿(えり)を表が内側になるように二枚重ねて縫う。

※衿に縫い付ける所は縫いません。


表に返して5mmの所に表から縫って(ステッチ)固定する。



印がある方へえりに付ける部分の縫い代を折る。

この時えりがズレます。 このずれが折り返しの緩みになります。 赤の矢印の方向のゆるみ。


断面図 こうすると図のように見える側のえり(印がないほう)が膨らみますが、実際えりにつけた時に、えりを折り返した時の布の厚みで相殺されて、えりがすっきりします。



上で出来たズレを、そのままに端から0.5cmの所を縫う。
印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。