布の折り目のつけ方色々

あひる
プリーツを折るのに時間がかかったりヤケドしそうになったりするんだけど

うさこ
布に折り目を付ける方法も色々あって、アイロン使わなくてもできる方法もあるんだよ

大きい生地の場合

アイロンで折る

綿麻

アイロンだけだとヒダが消えやすいです。
特に綿だと何もしなければ半日くらいでせっかく折ったプリーツが消えることがあります。

天然繊維は水に濡れると生地が柔らかくなり、乾くと固くなる性質があります。
それを利用して、水に濡らした状態で折り目を付けて乾かすとその形がつくという特性があります。

綿や麻の生地のシワの取り方
このしわ取りの逆の理屈ですね。

ただし水に濡れるとリセットされるので、湿気の多い時期はすぐにヒダが取れてしまうため、折り目付液を使用するのをおすすめします。

化繊

化繊は天然素材と違い熱で形が固定される性質があります。
逆を言うと、熱をかけてうっかりシワを入れてしまうと取れにくいのできをつけてください。

綿麻に比べ、何もつけなくてもヒダが消えにくいですが、圧力をかけないとピシッと折り目がつきにくいので、普通のアイロン台だと柔らかいため、雑誌や新聞紙などで固めのアイロン台を作り、そこで描けるといいと思います。

プリーツ固定液とは

液をかけてからアイロンをかけるだけでヒダが消えにくくなります。
折り目だけでなく防汚効果もあるようです。
普段着にも使えるので持っていて損はないと思います。

プリーツにアイロンをかける時の注意事項

ヒダの折り方。お裁縫のコツ

折るときは布とアイロンの間にあて布といってハンカチ程度の厚さのはぎれをはさんでアイロンをかけるといいですよ。

ヒダの折り方。お裁縫のコツ

そのままアイロンをすべらせると上記のスカートの写真のように、折り目をつけたところが伸びて、アイロンをかけていない所との伸びの差が出てしまいます。

向きにも注意

一方方向のヒダのスカートは布を切る向きが重要です。

ヒダの折り方。お裁縫のコツ

×
ヒダの折り方。お裁縫のコツ

スカート部分は中表(表同士が内側になるように重ねること)に2枚重ねて切ると、ヒダの向きが前後で逆になる


ヒダの折り方。お裁縫のコツ

ヒダの折り方。お裁縫のコツ

必ず同じ方向になるように一枚づつとると同じ方向に揃います。

小さい生地の場合

爪で折る


ヒダの折り方。お裁縫のコツ紙だと見づらいときは、商品を買った時に出る透明の包装袋を折り目の上に重ねて、その上からこすると伸びません。

ヒダの折り方。お裁縫のコツヒダの折り方。お裁縫のコツ

道具を使う

折り用紙を使う

正確性を必要としないプリーツ折りに便利です。

ヒダフリルを作る

厚紙を作りたいヒダの幅に切れ目を入れて2枚作る。
ヒダの幅半分ずらして固定する、

生地を交互にかけてアイロンをかける。

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。