ハイネック燕尾ジャケットの作り方


後丈の長いハイネックジャケットの型紙を見る

型紙の線について

すそに何本も線があるのは丈の違いです。
体に当てて希望の丈を選んでください。
斜めの線で作ると燕尾服風に作れます。(図の青い線)



型紙には黒い線と赤い線と青い線があります。
赤い線で切ると裏地 黒い線で切ると表地が切れます。
青い線は出来上がりの線です(これは写さなくてもOKです)

裏地は表より少しでも小さいと引きつってしまうので、表より少し大きめに切っておく必要があります。

なので、先に赤い線で裏地を切ってください。
その後に黒い線で型紙を切って表地を切ってください。

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

 接着芯

ダーツ

身頃(胴体)のダーツを縫う。

縫い代は後中心側に折ってください。

後ろ中心

後中心を縫うください

後にはスリットが入るので下まで縫わないように!

縫い代はアイロンで下まで左右に折ってください。

肩と脇


前後の肩と、脇を縫う。
縫い代を後ろ側に折る。

えり


身頃(胴体)とえりを表側同士が内側になるように重ねる。
1㎝幅で縫う。
アイロンで、縫い代を左右に折る。

裏地

見返しと前身頃の裏地を縫う。

残りは表地と全く同様に裏を作る。


表地は表が見えるように、裏地は裏側が見えるようにして重ねる。

端から5mmの所を縫う。

バイアステープをつけるので布端が出ていても大丈夫です)

バイアス


図の部分をずれないようにぐるっと固定して、バイアステープで包む。
熱接着の両面テープを使うと楽ですよ

そで

【おさいほう】2枚のパーツで立体的に作るそでの縫い方
このように2枚のパーツで立体的に出来上がるそでの縫い方 袖(そで)の部分名称 どうし...

デザインによってはそで口にバイアステープをつける

ファスナー

前身ごろ中心にオープンファスナーを縫い付ます

まず前中心をつき合わせてずれないように仕付け糸等で固定します

前中心の裏側にファスナーをおき、ファスナーの中心が前中心になるように、待ち針等でとめて、仕付け糸などで仮止めする 表替えして、バイアステープの縫い目の上から、ステッチをかけて、ファスナーを固定する。

仕付け糸を取って完成です!

この型紙で作れます

ハイネックの燕尾ジャケットの型紙

いるもの

□ 表生地
□ 裏地
□ オープンファスナー
□ デザインによってはバイアステープ
□ 接着芯

オススメの生地

ポリエステルツイル
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する