【おさいほう】フリースジャケットのつくり方

フリースジャケットの型紙を見る

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

ほつれどめをする

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください

バイアステープを付ける場合


前中心にバイアステープをつけたい場合はピンクの所の縫い代を外してください。
これは前中心とそで口にバイアスをつける場合

ポケットを縫う

バイアスで包む場合

バイアスで包むところの縫い代を外してください。

バイアステープで手を入れるところをくるんでください
バイアステープの縫い方

ポケット口をバイアスで包まない場合

アイロンで中心側以外をアイロンで折ってください。

熱接着の両面テープを使うと楽です。


身頃(胴体)の上にポケットを重ねてください。
ポケットの手を入れる部分以外を端から2~3mmのところを縫って固定してください

肩と脇を縫う

前後の身頃(胴体部分)を表同士が内側になるように重ねてください。
肩と脇を縫ってください。

肩の縫い方

えりを縫う

 表   裏
アイロンで軽く折り目をつけて置いてください。
フリースはしっかり押すと後がつくので軽くでOK


見返しとえりを内側が表になるように重ねてください。
印同士を合わせてください。
布の縫い合わせ方


縫い代は左右に広げてください

ファスナーを付ける

        
えりの下までファスナーをつける場合

えりまでファスナーをつける場合

ファスナーのムシ(レール部分)を見返しの前中心に合わせる。

えりぐりの縫い代をよけて、ファスナーの上側を斜め内側に向けて折る。

ファスナーのギリギリを縫う。

えりまでファスナーをつける場合は、縫い代があるので1.2cm下のところからつけてください。

オープンファスナーで段差が出来て縫いにくいという場合は、ミシンの押さえをこのような形のファスナー押さえと取り替えてください。



ファスナーの長さ調整にはくいきりという工具があると便利です
(ホームセンターで200円くらいであります。100円均一にもありました)

ファスナーどめの金具
手芸店で10個100円くらいでありました



オープンファスナーや金属ファスナーはサイズ変更は下側でのサイズ変更がしにくいので、上側を調節してください。

くいきりで不要なムシ(レール部分)をとりはずしてください。


ファスナー金具がつくので、金具の分も外して下さい



左からコイルタイプの樹脂ファスナー
プラスティックのビスロンファスナー
金属の金属ファスナー

コイルタイプのファスナーはムシを外さなくてもよいです


ファスナーどめの金具でファスナーをはさむ



これでいくらでも長さを短く出来ます。

えりを縫う

えりと身頃(胴体部分)を表同士が内側になるように重ねてください


身頃と、見返し、両方のえりぐりに切込みを入れてください。
縫い代をアイロンで上下に広げてください。


すそにバイアステープをつけない場合はすその縫い代(端から2cm)を縫ってください 。


見返しを内側に入れてください。
前中心とえりを端から2~3mmの所を縫ってください。


縁取りをするときに、ファスナーはよけて縫ってください。
バイアステープの縫い方 凸編

バイアステープの端の始末1

すそを縫う

すそを2cmで折っての端から1.5cmの所を縫ってください。

そでを縫う

そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。
ギャザーを寄せて縮めてそでを立体にしてください

そで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ギャザーの縫い方

そでの準備


 糸調整を元に戻します

次に袖底を中表(縫い合わせようとする面が表同士になるようにあわせること)にし、赤い部分を縫ってください。

そでを縫う


そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください


手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください。
縫ったら待ち針ははずしてください。
全部を手縫いで作る場合はここは省略してください。


端から1cmの所を縫ってください。
縫い終わったら仕付け糸ははずしてください。


バイアステープで包まない場合

そでを表側にひっくり返してください。
そで口の縫い代を内側に折ってください。
0.8~0.5mmの所を縫ってください


バイアステープで包む場合

型紙のそで口の長さを(縫い代を含めて)はかってください=★。


★の長差でバイアステープを切って、内側が表になるように折ってください
縫い代1cmでバイアスの端を縫ってください


そでとバイアステープを表が内側になるように重ねてください。

この型紙で作りました

フリースジャケットの型紙

改造用のパーツ

フードの型紙 Mサイズ

いるもの

□ 表生地
□ オープンファスナー
□ 生地にあった色の糸
□ ふちを包む場合はバイアステープ

このデザインに使いやすい生地

フリース

ほつれにくいので、ワンシーズン用であればほつれ止めしなくても作れるので早く作れます。

毛玉が出来やすい。重ね着する素材によって静電気がおきやすい。

厚手のニット
改造パーツのフードの型紙と組み合わせてジップアップパーカーにしてもいいですね

ポリエステルツイル綿 ツイルで作るとハイネックのジャケットになります
中厚地の生地なので縫いやすいです。

カジュアルでザクッとした感じのデザインにしたいときにどうぞ。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー