Aラインのかわいらしいセーラーカラーのワンピースの作り方

セーラーカラーのワンピースの型紙 レディース

えりを共布(同じ生地)にすると衣装っぽさが消えるので、普段着として使えると思います。

レースやフリルを組み合わせて、ロリータさんのワンピースのベースにもいいですね。

印刷用説明書ダウンロード

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

画像の色の説明

見返しを縫う


見返しを表同士が内側になるように重ねてください。

肩を縫ってください

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


縫い代は左右に折ってください


洋裁用語で割るといいます。

襟のラインを縫う

お好みでえりや、胸元の三角の部分とそでくちにラインや柄などを入れてください。

アイロンでくっつく熱接着の両面テープを使うとゆがみにくいです。
(あくまで仮止めとして使い、ミシンで縫いとめてください)
熱接着の両面テープの使い方


 

胸当ての部品を2枚を表側同士が内側になるように重ねてください。
スナップボタンをつけないほうは縫いません。


表にひっくりかえして端から5mmの所を縫ってください。

ダーツ(立体にする為のつまみ)を縫ってください。

ダーツの縫い方

肩を縫う

身頃を表同士が内側になるように重ねて肩を縫ってください。

縫い代は左右に広げてください。

脇を縫う

後と前の身頃(胴体を)表側が内側になるように重ねてください。

着替えやすいように利き手のほうの脇を上4cmほど(ファスナーどまりのところまで)縫ってください。

ファスナーを付ける

ファスナーを付けるところを仮に縫ってください。

この部分はあとでほどくので、ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

あきどまりの印をつけたところからファスナーをつける部分の縫い代を縫ってください。



これを縫わないと縫いずれて写真のようになってしまうので注意。


コンシールファスナーをつけるとき
丸まってるムシ(レール部分)をおこして縫うのですが
なれてないと戻ってムシの上を縫っちゃったという人もいると思います
アイロンを中温にして
裏からアイロンをかけると
ムシが起き上がって縫いやすくなります。


縫い目の長さを2~3mmに戻してください。

アイロンで縫い代を左右に広げてください。


あれば熱接着の両面テープをファスナーの表面に貼ってください。
裏を上にして生地を置いてください。
熱接着の両面テープのはくり紙をはがしてください。
縫い代の上に、裏を上にしたファスナーを置く。
アイロンで固定してください。


熱接着の両面テープが無い場合
なければ手縫いで2cmくらいの大きい縫い目でしつけ糸でファスナーと、縫い代だけを開きどまりの所まで大雑把に縫ってください。


糸きりハサミやリッパーで2番目に縫ったファスナーをつける部分の糸をほどいてください。


ミシンの押さえをコンシールファスナー押さえに替えてください。

コンシールファスナー押さえはこのように裏側に溝が入っています。

このコンシールファスナー押さえは一般的な家庭用ミシンであれば数百円で購入ができます。

最近は付属のものもあります。

お洋服を作る人は1つ持っておくと便利ですよ。


左側は軸から替えるタイプ、右は後のボタン押して押さえを交換するタイプ用
メーカーによって押えの形が違うので、公式サイトで確認して購入するといいですよ

この溝にファスナーのムシ(レール部分)を入れて縫うと、ファスナーのムシのそばギリギリを縫うことができます
そして開きどまりまで縫ってください。


スプリングホックを付ける

ファスナーのすそが開かないように一番下にスプリングホックを付けてください

スプリングホックの付け方の詳しくはここ

脇を縫う

ファスナーを付けてないほうの脇を縫って下さい。


縫い代は左右に広げてください。

セーラーカラー同士を表同士が内側になるようにに重ねて回りを縫ってください。


えりの角など表側にひっくり返したときに、きれいに角が出ない場合

中で縫い代がグチャグチャになっている場合が多いので、指を中に入れて、縫い代を角と反対側に軽く引っ張ってあげると中の縫い代が整って、角が出しやすくなります


表に返して、端から5mmくらいの所を縫ってください。

あまり布のギリギリを縫いすぎると、ミシンの針穴にえりの先が食い込むので注意!!


表にした身頃にえりを表にして重ね、端から5mmくらいの所を縫ってください。

見返しを裏が上になるように重ねてください。
えりぐりを縫ってください。



えりの縫い代に縫い目を切らないように切込みを入れてください



見返しだけ内側に入れてください


セーラーカラーを避けて見返しと身頃に固定してください。

えりくびの縫い目から5mmの所を縫ってください。



えりを避けたまま前あきの三角の布を下に重ねてください。

片側だけ縫い付けてください。
(三角の布は先に裏表縫い合わせてあると仮定しています)


縫い付けなかったほうにはスナップボタンをつけてください。

そでを縫う

自分の作りたいデザインの縫い方を選んでください。

カフスのあるそでの縫い方はこちら


↓基本的なそで、半そでの縫い方はそのまま下へ↓

そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ここででギャザーを寄せておかなければ、そのままつけると長さが合わないものがあります。

そでの準備

ギャザーの縫い方



またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。


表が内側になるように半分に折ってください。

1㎝幅で縫ってください

そでを縫う


そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

そでを身頃につける


手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください


試着してそでの長さを確認してください。
問題がない場合

アイロンでそで口を2cm裏へ折って下さい。

1.5cmのところを縫ってください。
多少の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整してください

えりの改造方法

セーラーカラーの型紙にテープで紙を貼ってください。


Aの幅は型紙を体に当てて鏡を見ながら決めてください。
※縫い代は省略しています。



改造したら縫い代をつけてください。

襟先を結んだ線を延長して、襟を広げると図のようになります。

※型紙によっては角度が変わることもあります。

 えりの先の角度を変えたい場合

紙を足して外側に上がるように線を引くと実際のえりの先も上がります。


改造したら縫い代をつけてください

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます ※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

 半そでとパフスリーブ Mサイズ Lサイズ パフスリーブの縫い方 半そでの縫い方

シャツスリーブ Mサイズ Lサイズ シャツスリーブの縫い方

シンプルな長袖 Mサイズ Lサイズ 長袖の縫い方

必要な材料

表生地 150cmの場合 205cm

布の量の一例

Mサイズの場合150cmの布の場合160㎝、えり50cm
110cmの場合217cm えり50cm

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

接着芯、コンシールファスナー(70cm以上のもの)布の色にあった糸 スナップボタン2~3個 スプリングホック お好みでセーラーテープ

いるもの

□ 表生地
□ コンシールファスナー 70cm以上のもの1本
□ 接着芯 50cm~(改造パーツの形による)
□ スプリングホック 小さめのもの一組

オススメの生地

ポリエステルツイル

カトウさんのより気持ち柔らかい気がしました
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー