【おさいほう】ドール用後あきワンピースの縫い方

袖(そで)を縫う


そで山の中心に印を忘れずに入れてください。
(位置合わせに必要)

そで山の縫い代に2本(赤い部分)ギャザーをよせる。

ギャザーの縫い方


レースを裏を上にして重ねる。


レースを起こして縫い代はそで側に折る。


縫い目から2~3mmの所を縫って縫い代を固定する。


リボンの型紙と同じ長さになるように縮る。

上にリボンを重ね縫う。
お好みでつけなかったり、リボンをレースにしても良いです。
縫いにくい場合は手芸ボンドでもOK

袖を肩につける


そでと身頃を内側が表になるように重ねて縫う。


そでの縫い代をアイロンで身頃側へ折る。

脇を縫う


そでから脇を続けて縫う。

襟(えり)を縫う


このデザインはえりの後ろが分かれています。
分かれていないと後が開けないので着替えが出来なくなってしまうからです。



洋裁工房の型紙は、えり首とえりの位置合わせの印が型紙に書かれています。

BNP=バックネックポイント(後首の点)
SNP=サイドネックポイント(横の首の点)
FNP=フロントネックポイント(前の首の点)


左のえり      右のえり

片方のえりを作るのに裏表1枚づつ必要ですから左右で合計4枚切り出してください。

裏の印をつける

えりの裏に隠れる方のえりにしつけ糸で印をつける。
隠れる方か否か区別をするだけなので、完成時に抜きとるので、玉止めなどはしなくてよいです。



2枚のえりを内側が表になるように重ねる


しわが入らないように気を付けて外側を縫う。


表に返して端から5mmの所を縫う。


印のある方へ折る。
すると折った時に布の厚み分ズレが生まれます。


折った時のずれをそのまま残して端から3mmの所を縫う。

断面図
こうすると図のように見える側のえり(印がないほう)が膨らみますが、実際えりにつけた時に、えりを折り返した時の布の厚みで相殺されて、えりがすっきりします。


表に見える側(印がないほう)のえりを上にしてえりに重ねる。
後中心は縫い代分開けてください。


見返しを裏を上にして重ねる。


えりの縫い代のカーブの所は切込みを忘れずに。
切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。

後スカートの中心を縫う

スカートの後中心を縫う。


表から片側の縫い代を固定する為に縫う。

ウエストにギャザーを寄せる


スカートの上側にギャザー縫いをする。


表にした上半身のウエストに、裏が見える状態のスカートをかかぶせる。
ウエストを縫う。


上半身を起こす。
縫い代は上半身側に折る。

縫い代を押さえるために縫い目から2~3mmはなれたところを表から縫う。


すそのフリルを縫う。


フリルの上側とスカートの印をあわせてください。

フリルがスカートの裾と同じようになるように、フリルにギャザーを寄せ縮ませ表同士が内側になるようにに重ね縫う。

お好みで1段、2段と重ねて縫う。


フリルを起こし、表から縫い代を固定する。

縫い代は上側に折る。

フリルではなく、レースでも可愛いですよ。
ライン上にレースやリボンなどをつけるだけで全然違う雰囲気になります。

裏地などで作ればスカートの下にはくペチコートも作れます。


持ち出しをアイロンで半分に折る。

裏返し、上下を縫う。

表に返しアイロンで形を整え端から2~3mmの所を縫う。

端をほつれどめしてください。



後中心の下に半分に折った持ち出しを置き、重ねて縫う。
手芸ボンドでもOKです。

このとき反対側の後中心ははよける。


スナップボタンかマジックテープをつけてください。


通常のマジックテープより半分以上薄いメカニカルファスナーです

姫そでの縫い方

アイロンで、上側の縫い代を裏側に折る。

縫い代を縫う。


この時点で広げてラインテープやリボン、レースなど、袖の途中につく飾りをつけてください。


脇を縫う。


スナップボタンをつける。

この型紙で作りました

MSD ボークス ドール

スーパードルフィースーパードルフィー

60cm女の子ドール用後あきワンピースの型紙 型紙修正中
60cm少女用後あきワンピースの型紙 型紙修正中
40cm女の子ドール用後あきワンピースの型紙 型紙修正中

現在型紙修正中です 修正が終わり次第ツイッターでお知らせいたします

いるもの

□ 表生地
□ お好みでレースやリボン
□ 生地の色にあった色の糸
□ スプリングホック 小さめのもの3~5個

オススメの生地

綿サテン
目の詰まった淡い光沢のある薄手の綿生地です。

綿ブロード
薄手の目の詰まった少し張りのある生地。
色、柄が多く一般的な手芸店でも手に入りやすい

必要な布の量の計算方法

ドールの型紙は小さいので直接机の上などに型紙を並べて定規で測ると早いです

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。