ダッフルコートの作り方

ダッフルコートの型紙を見る

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明


うさこの型紙屋さんが作った型紙には1/10サイズの型紙がオマケでついています。
これを布を切る前に組み立てると、説明書の理解度が一気に上がります。

洋裁が、難しく感じるのは理解できないのではなく先が想像できないからです。
1/10の型紙をパズルと思ってテープで組み立ててみてください。
たった3~20ピース程度しかないパズルなんて簡単だと思いませんか?

どこを縫い合わせるのか、どうしてこうなっているのか小さいので、貼り間違えても簡単にやり直しがききます。
小さい紙の洋服で存分に試して本番に入れば、失敗やつまづきが減りますよ!!

肩の部分

肩当てのパーツのカーブにギャザーをよせる。
手縫いで赤の線のところを2本縫って引っ張ると縮めることが出来る。
1㎝幅で裏へ折る。



前身頃(胴体)に肩のパーツを重ねて端から5mmのところを縫う。

脇と縫い合わせる

中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合わない。
そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせる。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1~2mm刺すと縫いやすくなる。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

脇を縫う


前と後身頃(胴体)を表同士が内側になるように重ねて1cmで縫う


縫い代を後身頃側に折る。
縫い目から5mmのところを縫う。

ポケットを縫う

ポケットのふた2枚を表同士が内側になるよう重ねる。
ポケットのふたは折り曲げるので折り曲げるためのゆるみを作る。
カーブのない辺の縫い代を折り曲げて、2枚だけ待ち針を刺す。


待ち針を刺したまま折り目を戻すとゆるみの入った状態で2枚を固定できる。

ダブつきのあるほうを下にして端から1cmのところを縫う。

縫った所の縫い代を5mm幅に切る。(上側は切らない)



表にひっくり返して端から5mmのところを縫う。

ポケットを作る。

シンプルな布の上に貼り付けるポケットの縫い方
洋裁初心者でもポケットの位置がずれたり、縫い代を折るときゆがんでポケットの形がいびつになったりしにくいポケットの縫い方です

ポケットはお好みで。

アイロンで縫い代を裏側に2.5cm折る。
2cmの所を縫う 

アイロンで下と左右の縫い代を裏側に1㎝幅で折る。

表側を上にした身頃(胴体部分)の上に、表を上にしたポケットを重ねる。

ポケット口は力がかかりやすいのでポケットの上側を図のように横に2~3度返し縫いをして斜めに縫い戻るという縫い方をしておくと、丈夫になります。

後中心を縫う

後身頃(胴体)を表側同士が内側になるように重ねて1㎝幅で縫う。


縫い代をどちらか片方に折る。

肩を縫う


表側が内側になるように重ねる。
肩を1cm幅で縫う。


肩の縫い代を後ろ側に折る。
縫い目から5mmのところを縫って縫い代を固定する。

フードを縫う

フードの横と後中心を表同士が内側になるように重ねて1cmで縫う。



縫い代を後中心に向かって折る。
縫い目から5mmのところを縫う


前側のフードを横と後中心に表側同士が内側になるように重ねる。
1cm幅で縫う
縫い代は後フード側に折る。

身返しを縫う

見返しと前側のフードを表同士が内側になるように重ねる。
1㎝幅で縫う。
縫い代は左右に広げる。

フードを付ける


身頃(胴体)とフードを表同士が内側になるように重ねる。
1㎝幅で縫う。

前中心を縫う


フードと身頃にフード前と見かえしを重ねる。
1㎝幅で縫う。


フードのカーブのきついところの縫い代を5mm幅に切る。
縫い目を切らないように切込みを入れてください。
切らないと引きつる。
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。


見かえしを裏側へ折る。
端から5mmのところを縫う。


フードの前側とフードの見かえしを重ねて縫い目から5mmのところを縫って固定する。


前の中心から5cmくらいのところを縫って見かえしを固定する。

すそを縫う


すその縫い代を3cm裏側に折る。
端から2.5cmのところを縫う。

ボタンを付ける


ダッフルコート用のボタンを用意してください
ダッフル・トグル・トックルボタンで検索すると色々な形のものを探すことができます。
レザーの縫いつける部分がついているものと、ボタンだけのものがあります。


ボタンだけのものは別途紐とも必要です

ボタンだけのタイプは実際にボタンを引っ掛けて長さを確認して縫い代分両端1cm長く紐を切る。
一度逆向きにおいて縫う。



折り返してもう一度縫うと2度縫いになるので取れにくくなります。

合皮つきのものは、合皮の端から1~3mmのところを縫う。

タブを縫う

タブを2枚内側同士が表になるように重ねて1㎝幅で縫う。



縫い代を5mm幅になるように切る。


表にひっくり返して端から5mmのところを縫う。


ボタンを飾りにする場合はボタンホールはあけなくていいです。
ちゃんとボタンを通したい場合はここにボタンホールをあける。

表にした外そでの印の所に重ねて端から5mmのところを縫って固定する。


二枚そでの縫い方

【おさいほう】2枚のパーツで立体的に作るそでの縫い方
このように2枚のパーツで立体的に出来上がるそでの縫い方 袖(そで)の部分名称 どうし...

この型紙で作れます

ダッフルコートの型紙

いるもの

□ 表生地
□ トグルボタン
□ 接着芯
□ 生地に合った色の糸

オススメの生地

ウール フラノ
表面が少し毛羽立った厚手の毛織物。
厚いので芯を貼らなくてもしっかりした仕上がりになります。
本格的な防寒着(のコスプレとしても)として作りたい場合オススメです。
サンプルの写真はコレです。

接着芯
薄地に厚地の芯を貼ると接着剤が多すぎてしみになったりするので、生地の厚さに応じた芯を選んでください。
貼ることで張りを出し、しわになりにくくなります。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。