衿の縫い方 パターン2【おさいほう】

これはセーラーカラーですが、他のフラットカラーなどの衿も同様につけられます。
あと他にも衿を付ける方法があるのですが、また今度。

セーラーカラーにラインや模様を入れたいときは、
縫い合わせる前に、接着芯をはった後すぐに付けると楽です。

えりの大きなセーラーブラウスの型紙を見る
普通のセーラーカラーの型紙はこちら

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

 接着芯

模様を入れる場合


模様とかをつけたい場合はこの時点で入れる。

お好みで胸元の三角の部分とそでくちにラインや柄などを入れる。

アイロン両面接着テープを使うとゆがみにくいです。
(あくまで仮止めとして使い、ミシンで縫いとめる)

見返しを縫う

見返しを表同士が内側になるように重ねる。

肩を縫う。

縫い代は左右に折う。

洋裁用語で割るという。


2枚を表同士が内側になるように重ねる。
スナップボタンをつけないほうは縫わない。

表替えして端から5mmの所を縫う。


見返しの衿首に表に来る衿を表同士が内側になるように重ねて縫う。
縫い代は左右に折る。

えりの縫い方動画(バイアステープを使った付け方)

見返しとえりを縫う

表にしたえりのうえに裏を上にした見返しを重ねる。

えりくびを縫う。


縫い目を切らないように、カーブに切込みをギリギリまで入れる。

肩を縫う

身頃を表同士が内側になるように重ねる。

肩を縫う。

縫い代は左右に広げる。

身頃とえりを縫う

身頃とえりを表同士が内側になるように重ねる。

えりくびを縫う。

縫い目を切らないように、えりのカーブに切込みをギリギリまで入れる。


見返しを縫いつけたえりを、身頃の上に表同士が内側になるように重ねる。

えりと見返しを縫う。


えりの角等表側に返したとききれいに角が出ない場合

中で縫い代がグチャグチャになっている場合が多いので、指を中に入れて、縫い代を角と反対側に軽く引っ張ってあげると中の縫い代が整って、角が出しやすくなります。


見返しを中に入れる。

脇を縫う

脇を縫う。

見返しとえりを返す

見返しと衿を表側に返す。

端から5mmの所を縫う。


セーラーカラーを避けて見返しを身頃に固定する。

えりくびの縫い目から5mmの所を縫う。


えりを避けたまま前あきの三角の布を下に重ね、縫う。
(三角の布は先に裏表縫い合わせてあると仮定してます)

前あきがないタイプ(脇ファスナーなどでかぶって着る)

両肩を縫う。

縫い代は後に折る。

洋裁用語では倒すといいます。


セーラーカラー同士を表同士が内側になるように重ねる。

えりくび以外を縫う。


このとき図のように「表に見えるほうのえり」を2~3mm内側にずらしてまち針をす。

しわが入らないように、目打ちなどで押し込みながら縫う。

表に返して、端から5mmくらいの所を縫う。




上記のように表を少し中に入れ込む理由。

実際に人間が服を着たとき、えりは首周りのカーブと肩のカーブにそっています。

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなる。

なのでその分を補うために2~3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節しているのです。


表にした身頃にえりを表にして重ねる。

端から5mmくらいの所を縫う。


見返しを表同士が内側になるように重ねる。

肩を縫う。

縫い代は左右に広げる。


見返しをえりに重ね、見返しの裏が上になるように重ねて縫う。



えりの縫い代に縫い目を切らないように切込みを入れる。

見返しを身頃の中側に入れる。


セーラーカラーを避けて見返しを身頃に固定する。

えりくびの縫い目から5mmの所を縫う。


えりを避けたまま前あきの三角の布を下に重ねる。

片側だけ縫い付ける。
(三角の布は先に裏表縫い合わせてあると仮定してます)

縫い付けなかった方にスナップボタンをつける。

スナップボタンのつけ方動画

この型紙で作れます

えりの大きなセーラーブラウスの型紙

いるもの

□ 表生地
□ アイロン両面接着テープ
□ スナップボタン

オススメの生地

ポリエステルツイル
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。