【おさいほう】Tシャツ・Vネック・クルーネックセーターの作り方

http://yousai.ocnk.net/data/yousai/product/blouse/turtlneck/tshirt.jpg

クルーネックセーターの型紙

印刷用説明書ダウンロード

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画を読むのをオススメします♪
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽ですよ。

ほつれどめをする

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください

色の説明

表  


型紙のえりの複数の線は切る線によってえりくびの形を変えることが出来ます。
そでも赤い線で切ると半そで、下の線で切ると長そでになります

ニットの縫い方

よく伸びるニットの縫い方普通の縫い方だと糸が切れるので ニット用のレジロン糸を購入してください

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫ってください

これだとかなりの伸縮でも耐えます。

あまり伸びないTシャツ生地だと右隣の雷状の伸縮縫いという機能が使えればこちらを使うといいですよ。


ニットの縫い方

ニットを使う場合は、伸びる生地なので縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、べろべろに伸びたりします。

そこで細かい番手の紙やすりを帯状に切って、布と押えの間にはさむと、伸びやズレが減ります。

※一緒に縫わないように注意。

そでの長さについて

型紙を体に当てて、自分のそで丈にあったものを選んでください。
ジャストのものが無い場合長いほうを選んでください。そで口の縫い代を折るときに多めに折ってください。綿100%のニットは水にぬれると縮みやすいです。

ここを参考に水につけて縮ませて、乾かしてから作ってください。

布のゆがみを取ろう! 地直し・水通し
洋裁の本とかを見ると使う前に地直しをしなさいって書いてあるけど具体的にどうなの?

のびどめ

型崩れを防ぐために、肩と後ろの襟ぐりの縫い代に接着芯を貼ってください。伸び止めテープでもよいですし、接着芯を1cm幅に切ったものを貼ってもよい。


すそとそで口にほつれ止めをしてください。


ニットのほつれ止めは左のように点線のジグザグを使います。

肩を縫ってください

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


2枚一緒にほつれどめをしてください

えり

えりのバイアスを半分に折って縫い代を縫ってください。

丸首

表側同士が内側になるように折ってください。
まっすぐ1cm幅で縫ってください。


えりを表が見えるように二つ折りにしてください。


Vネック


V字は斜めに縫ってください。

えりを表が見えるように二つ折りにしてください。


表にした身頃のうえにバイアスを重ね襟を縫ってください。一気に一週縫うより、慣れていない人は右半分を縫った後、左半分を縫うというように縫ってください。



縫い代を身頃(胴)側に折ってください。
縫い目から2~5mmのところを縫って縫い代を固定してください。

そでを身頃と表同士が内側になるように重ねてください。そで山と方の縫い目のところを合わせて縫ってください。

身頃とそでを一緒にほつれどめをしてください。

脇を縫う

そでの縫い代をアイロンで身頃側へ折ってください。そでと脇を縫ってください。


https://yousai.net/nui/tsyatu/turtlneck/waki1.jpg

ほつれ止めをしてください

そでとすそ

すそとそで口をアイロンで折って、すその端から5mmのところを縫ってください。

この型紙で作りました

Tシャツ・Vネック・クルーネックセーターの型紙

いるもの

表生地

オススメの生地

どんな生地が良いか分らない方へ

伸縮のあるニット生地を使用してください。

スムースフライスとかかれたものをお選びください。

冬場は少し厚手を使用するといいと思います。

伸びやすいので縫っている最中に、生地がふよふよと波打つように伸びてしまうものもあります。

裾など伸びて波打って欲しくない場所には1㎝程度に切った接着芯を切ったあとに貼っておくと型崩れせず綺麗に仕上がります

フライスのほうが伸びがいいので、初心者はちょっと縫いにくいかも。

天竺というニットは市販のTシャツなどに使われるニットで、伸びは少ない。
切った端がくるんと丸まるので初心者にはちょっと縫いにくいかも。

縁取りニット えりのバイアスに。伸ばさないようにつけるのがポイント。
縫っているうちに伸びそうだったら、熱接着両面テープでくっつけて縫うといいですよ。

ニット用のレジロン糸
エッフェルの伸びる糸
伸びる素材の生地には必ずニット用の糸をお使い下さい

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー