【おさいほう】男女の体型比較と女装について

これから女装してみようという方の為のきこなしの説明です

男性の方は普段腰でズボンをはかれていると思います。

その感覚でスカートをはくととても野暮ったくなります

腰ではく→ウエスト位置が下がって見える+上着が長くないと丈が足りなくなる→胴がながく足が短く見える

へその上ではく→ウエスト位置が高くなる→足が長く見える上着の丈も短くできてかわいくみえます


同じ体型でもスカートのウエストの位置が違うだけでずいぶん違うでしょう?

へそ上だとずり落ちちゃう!!という場合はサスペンダーでつるしてください。

サスペンダーが見えると困る場合はウエストベルトの裏にスナップボタンや安全ピンを縫い付けて、下の服や肌着に固定できるようにしてください。

直接肌に両面テープを付けるとかぶれるかもしれないので、絆創膏でワンクッション入れて使うと良いのではと思います。
かぶれる人は絆創膏でもかぶれるとおもうので、あくまで固定方法のひとつとしてお受けとめください




素肌に直接着るのよ!という場合、

絆創膏の表に皮革・ゴム用の両面テープを貼る。
ベルトの裏に両面テープ側を貼りつける。絆創膏のはくり紙をはがして体に貼り付ける

なぜ皮革・ゴム用の両面テープかというと、事務用布用だと弱すぎて、皮革ゴム用はほかの手芸でも使えるからです。

両面テープはつけっぱなしにするとはがれにくくなる場合がありますが、その日のうちにはがせばはがしやすいです。

なお比較的強いというだけで体からはがれないというわけではないので予備を作ってまめに取り替えると良いと思います


女装だから女物の大きいサイズを着れば良いんじゃないの?とお思いの方もいらっしゃると思います。

メンズのMとレディースのLはバストサイズが大体同じくらいです

ですが、実際に男性に着ていただくと、胸は余るが肩幅と二の腕、背中がパツパツになります


実際の男女の体格差を確認するため3Dの男女モデルを同じ身長にして重ねてみました。

青線が男子
ピンク色で塗りつぶしてある所が女子です。

胸囲は同じくらいですが

男性に比べ女性は

ウエスト位置が高い
二の腕が細い
腰周りが大きい
バストトップが低い

というはっきりした差があります。


たまに女装で明らかに偽乳って感じにみえることがありませんか?

その原因のひとつに自分の胸の位置にあわせてブラを付けてパッドとかを入れていることにあると思います。

胸は1~2kgあるので重力で下に引っ張られます
なので胸が大きければ大きいほど乳房の位置が下がります。

男性の場合5cmくらい下にブラを付けると自然になるとおもいます

高い位置にブラをつけると男性の体は鎖骨からバストにかけて厚いので、おっぱいじゃなくて胸筋に見える場合もあるのでかえって男らしく見える場合もあります


腰周りのアップ。
ウエスト周りの幅は同じように見えて腰周りが女性のほうがはるかに大きいですね。

女性のシルエットに近づけようとすると
バストを大きくしようと思いがちです。

しかし実は大事なのはウエストと、ヒップの差です


図は両方同じ体型のモデルですが、スカートでボリュームを出すことで雰囲気が変わりますね。

スカートの場合パニエをはいたりしてスカートで腰のシルエットを大きくする。

ズボンの場合はヒップパッドなどを利用してお尻のボリュームを増やすとボンキュボンのシルエットになると思います。

関連ページ

【おさいほう】婦人の型紙を女装用にサイズ変更する方法
例えばこのような形のワンピースの型紙があるとします。 左から前脇、前中央 後中央、後脇、そでの型紙です 一見...
【おさいほう】男女の体型比較と男装について
掲示板で 「シルエットを細く見せたいのでなるべく体にフィットするように型紙の増減をしたい」 という質問があったので 実際の...
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする