手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ピンタックブラウスの作り方

ピンタックブラウスの縫い方
translate


ピンタックブラウスの型紙
このデザインに使いやすい生地

T/Cブロード
綿とポリエステル混紡素材で、普通のブロードに比べ少々高いのですが、しわになりにくく縫いやすい生地なので、毎日のお洗濯のあとのお手入れがラクなんです。
普段着使いにしたいのなら、TCブロードが一番だと思います!
塩素系漂白剤の使用はおさけ下さいね。

シーチング TCブロードに比べシワが入りやすいですが、風合いが柔らかく、無地ならば色数も豊富で、値段もお手ごろです。
縫いやすく、初心者には扱いやすいです。

ツイル中厚地の生地なので縫いやすいです。カジュアルでザクッとした感じのデザインにしたいときにどうぞ。

必要な生地の量は、布の幅によって変わってくるので、デザイン画を持って行けばお店によっては店員さんが計算してくれたりしますよ。


印刷用説明書ダウンロード
初心者向けソーイングブック
Heart warming life series―基礎シリーズ

ムキ先生に許可を頂いて、どんな本か中身をちょっとだけ見れるようにしました



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


表  

接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
見返しとえりの裏等に接着芯を付ける

くわしくは縫う前の下準備を参照

ほつれどめの仕方

縫い代を折る

上の図の点線のところで半分に折る。
カフスをアイロンで図のように折り目をつけてください。
ピンタック用の前身頃に印用の穴を開ける。

山折と谷折りの穴の位置をずらしておくと間違えにくいですよ。

型紙を生地の表に重ね印を付けて、切る。
ピンタックの上下ははさみで切込みを入れると早い。
印の数は持っている物差しの長さで変えてください。
1m位の長い物差しをお持ちであれば、上下だけでもかまわない

左は表を上にした生地の上に型紙を重ね印を付ける

右はヒダの向きが逆になるので、型紙を裏返して印を付けてください。

アイロンでお好みの数山折り谷折りしてください。
完成どおりに折り目をつけて、山折り5mm位の所を縫ってください。
ピンタックを縫ったものの上に前中心の裁断用の型紙を重ねてください。

型紙のピンタックの目安ラインと生地のピンタックを合わせるように重ね、重石(おもし)を置いて固定して印をつけて切って下さい



↑これを広げると↓こうなる。
身頃のと前身頃脇を内側が表になるように重ねてください。(これを洋裁用語で中表といいます)

赤い線のところを縫ってください。

後身頃と後身頃脇は青い所を縫ってください

縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折って下さい。

←縫い代を左右に広げる事を割るといいます

見返しの両肩を縫う
(分かりやすいように片方だけ縫い付けている図です)
実際は両方縫ってくださいね。
表が内側になるようににあわせ、身頃の肩と脇を縫う

えりは裏表が分かりにくくなりやすいので裏に隠れる方のえりに仕付け糸で2〜3cm縫ってください。玉止めはいりません。

これをしておくと後で楽です


えりを縫ってください。

表えりに台えりを裏を上にして重ねて縫ってください。

切込みなどの印をあわせて縫ってくださいね

縫い代は上下に折って下さい

 


2枚のえりを内側が表になるように重ねて縫ってください。

このとき「表に見えるほうのえり」(印の付いていない方)を2〜3mm内側にずらしてまち針をさす。

しわが入らないように、目打ちなどでダブ付いた分を押しこむようにして縫ってください。


角を縫い目から2mmの所を切り落とし、内向きの角は糸を切らないように切込みを入れてください。

若干台えりの形が違いますが参考にしてください

シャツカラー2見返しの縫い方

シャツカラー3 台襟の縫い方

シャツカラー4 表えりの縫い方

シャツカラー5 表えりのフチを縫う

 図1
 図2
えりのゆるみを作る理由。

このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと
首にそったカーブ(図1)がありますね?

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

なのでその分を補うために2〜3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節する必要があります。

これをしないと図2の右のえりのように引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

表返して端から5mmの所を縫ってください。
印がある方へえりに付ける部分の縫い代を折る。

この時えりがずれます。
このずれが折り返しの緩みになります

上で出来たずれを、そのままに端から0.5cmの所を縫う
印を付けていない方のえりを上にして身頃に重ねてください。

端から5mmの所を縫ってください。

えりの端は、身頃の印に合わせてください。

ここからはスタンドカラーの縫い方動画の縫い方が参考になると思います

見返しを裏を上にして重ね縫ってください。
えりの縫い代のカーブの所は切込みを忘れずに。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。

縫い代の角を切り落とします
角を折りたたむようにして表返してください。

すその角も切ってください。

えりをよけて端から3〜5mmの所を縫う。
アイロンですその縫い代を折る。

縫い代の幅より0.3〜0.5mm短めの所を縫う

裏の見返しの端をまつっておくとより綺麗に裏の始末が出来ます。まつりぬい。

表の繊維を1〜2本すくい、折り返した縫い代を縫う。
0.5〜1cmおきに同じように表の繊維を救うの繰り返し

ギャザーの縫い方
パフ部分と裏地のそでの上下にギャザーを寄せてください
そでを二つ折りにして縫ってください。
カフスも脇を縫ってください。
表にひっくり返してパフの中に裏地を入れてください
そで口のギャザーを縮めてカフスと同じ長さになるように調整してください 。
引っ張るのは下糸を引っ張ってください。
上糸を引っ張ると糸がしまってギャザーを寄せにくくなります。

表が見えるようにパフと、裏地を重ねたまま一緒に裏が見えるようにカフスを重ね縫ってください。

カフスをアイロンでつけた折り目どおりに折り返してください。

そで口とカフスの境目から5mmの所をミシンで縫ってください。

慣れていない場合はしつけ糸で境目から2〜3mmの所を手縫いしてから、ミシンをかけるといいよ。

お好みで袖口にレースやフリルをつけて下さい。

そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。
慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で手縫いしてください。
縫い目の幅は1〜1.5cmくらいの大きな縫い目で縫ってください。
そでを1cmの幅で縫ってください。

そでがついたらしつけ糸は抜いてください。

そでの付け方

前合せにホタンをつけて完成です。
ボタンの穴のあけ方はミシンによって違いますので、ミシンの説明書を参照してください
分からない場合は→ボタンホールの作り方


ピンタックブラウスの縫い方

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

★★★★★★★★★★★★★★

類似型紙
シンプルブラウスの型紙

切り替えなしのワンピースの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画

洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト