手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング >  カップ付きビスチェの作り方

カップ付きビスチェの作り方

Translate

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

この縫い方では左脇にファスナーがつくつくりになっていますが、右がいい人は左右逆になるように縫ってください


印刷用説明書ダウンロード



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


カップは
小 1→2→3 大
この順でサイズが変わります。

一度テープで型紙を組み立てて、自分の胸のサイズにあうものを使ってください

胸のカップ部分を縫ってください。
前中心と前脇1を縫ってください。
カーブのある部分の縫い合わせ方

中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

 

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1〜2mm刺すと縫いやすくなります。
中心と前脇2を縫ってください

後中心と後脇を縫ってください

縫い代は左右にアイロンで広げてください。
ボーンにアイロンで熱接着の両面テープを貼ってください。

ボーンは縫い付ける所の出来上がりの長さより上下2〜5mm短めに切って下さい。
(縫い代を折り返す隙間がいるので)

縫い代の上にボーンを置いてアイロンで貼り付けてください。

表から縫い目の上をなぞるように縫ってください。
コレで目立たず簡単に固定が出来て縫い代もゴロゴロしなかったし凄く簡単でした。
ボーンで縫い代が押さえられるので、両方の縫い代を固定の為の押さえ縫いをしなくていいので楽ですよ。
前身ごろとカップを縫ってください。

縫い代は左右に広げてください。

アイロンで縫い代を上下に折って下さい。
片脇だけ後身頃を縫ってください。
反対側にはファスナーがつきます
脇の縫い代を左右に折って、ボーンテープをつけてください
ファスナーをつけるところの縫い代をアイロンで折って下さい
脇側にファスナーを、裏を上にして重ねてください。
上下は2pあけてください。上は生地の端から、ファスナーの金具までの距離
熱接着テープを貼ってから固定すると待ち針がない分縫いやすいですよ。
は2cm
前身頃側のファスナーはアイロンの折り目より2mmほど縫い代側へずらしてください。
後身頃側のファスナーは折り目よりファスナーを2mmはみ出すように重ねて下さい。

ずらすことでファスナーを隠す事が出来ます。

裏地
裏地などの薄い生地は縫い目の長さが長いと細かいしわが入ったりしやすいです。
ミシンで作る場合、縫い目の長さを2くらいの細かさにしてください。

また針が磨耗していると繊維を断ち切って伝線しやすいです。
そのため針は薄地用の新しいものに交換をオススメします

裏地を綺麗に仕上げるコツ

縫い代の幅は1.5cmありますが1p幅で縫ってください。
5mmの差が調節用の余裕になります。

5mmほど縫い代より内側をアイロンで折ってください。

アイロンの温度は中〜低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。

折り目を広げないように気をつけて生地を広げて、続きの作業をしてください
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来ますよ。

この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」といいます。
裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変にずらしてください

裏地を縫ってください。

縫い方は前と同じです。

が裏。が表。

縫い合わせる脇は表と逆を合わせて下さい。

表地とあわせたときにちょうどぴったり合うようになります

裏にはボーンはつけません。

フリルやレースをつけたいときは裏地をつける前に表を上にした表生地にフリルを裏を上にして重ねて下さい。
裏地は表地につけたアイロンの折り目より手前5mmで折って下さい。
ファスナーの所から表に返してください。

ファスナーの所の表地の縫い代を折り目の所から折り、中に入れて下さい。

引きつらないように裏地も折ってください。
この時アイロンで折り目をつけた後、熱接着テープで固定してから手縫いすると綺麗に縫いやすいよ

ファスナーの所をよけて端から5mmの所を縫ってください

ハトメ穴(編み上げを通す穴)をあけてください。
ハトメポンチというものを使用してください。
大体ハトメのパッケージに使い方が描かれています。
初めて使う場合は「打ち具つき」を選んでください

ハトメのつけ方詳しくはこちら

後中心の持ち出しを作ってください。
2枚の持ち出しを内側が表になるように重ねて縫ってください。
片方の脇をひっくり返すためにあけておきます
持ち出しを表に返してください。

アイロンで形を整え端から5mmの所を縫ってください

←表←裏 後中心の裏側に持ち出しをまつり縫いする。

←まつりぬい

調節できるように持ち出しは片方だけ縫って下さい。。
縫い付ける位置は型紙の補助線を参考にしてください。

スプリングホックを手縫いで縫い付けてください
浮いた生地の固定
体のサイズによっては胸が開いたりして見せたくない部分の肌が見えてしまうことがあります

その場合浮くところに、絆創膏と、皮革・ゴム用の両面テープで簡易固定します。

直接肌に両面テープを付けるとかぶれるかもしれないので、絆創膏でワンクッション入れて使います。

ただ、かぶれる人は絆創膏でもかぶれるとおもうので、あくまで固定方法のひとつとしてお受けとめください


素肌に直接着るのよ!という場合、

絆創膏の表に皮革・ゴム用の両面テープを貼る。
ベルトの裏に両面テープ側を貼りつける。絆創膏のはくり紙をはがして体に貼り付ける

なぜ皮革・ゴム用の両面テープかというと、事務用布用だと弱すぎて、皮革ゴム用はほかの手芸でも使えるからです。

両面テープはつけっぱなしにするとはがれにくくなる場合がありますが、その日のうちにはがせばはがしやすいです。

なお比較的強いというだけで体からはがれないというわけではないので二重三重の露出対策をオススメします

力のかかるところは汗などで取れやすくなったりするので、いくつか予備を作っておいてまめに取り替えると良いと思います

表布 

お好みの色や柄、風合いのものをご使用ください。

ビスチェは小さいので、ジャガードなど織り模様の入ったちょっと高めの生地でも少ない生地で作れるので使用してみるのもいいかもしれません。

サテンなどの薄い生地は接着芯+もう一枚綿生地を重ねて2枚1組にして厚みを出すと綺麗に作れます

ポリエステルツイル
化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです
初心者にも扱いやすい生地です。

ジャガード

裏地

綿ツイルなどやや厚みのある生地を使うとよりしっかりします。
一般的な薄い裏地を使うと、ビスチェ自体が薄くなりがちなので綿生地でよいです。

ライクボーン 6mm 

ビスチェが重力に負けてペロンとたれてこないようにするための骨組みとして使うテープです。
Mサイズで210cm
Lサイズで230cm必要です 

ハトメリング

編上げするとき布に穴を開けただけではどんどん広がってきますので、穴に補強用として金具をつけます。

片面ハトメ(100円均一やホームセンターにある2つ使わないタイプのハトメ)は角がカバーされないので、布に引っかかったり 肌を傷つけたりするので必ず両面ハトメをお使いください。

紐やリボンの太さにもよりますが細めのリボンなら4mm、太いリボン、紐等の場合は6mm以上のハトメを選ぶといいと思います。

リボン、紐

編上げ用のもの。
サテンリボンは光沢が片面しかないものがあります。
編上げは編上げる時に裏表両面見えますので、両面光沢のあるものをご使用ください。

サテンに限らず裏表の無いものを選ぶのがおすすめです

オープンファスナー 
30cm程度のもの
長いものは切って使えばOKです。
長さは買うときにお店で店員さんに言うと調節してもらえます。
Mサイズの場合お店でムシ(レール)の長さを27.5cmにしてもらってください。
Lは30.6cm

接着芯
生地の厚みに応じたものを選んでください。
厚地に薄地の芯を貼ると接着力が足りず、はがれやすくなったり
薄地に厚地用の芯を貼ると接着剤が染み出してシミになったりするので、気をつけてくださいね。
ビスチェに限り接着芯は織物の接着芯が適しているようです。
ニットだと柔らかすぎて張りが出にくく、紙(不織布)の芯はものによってはしわが入りやすかったりするので織物が使いやすいと思います


カップつきビスチェの型紙

関連型紙

ビスチェの型紙

ビスチェ2の型紙★

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト