資料を集める 洋裁初心者のための基礎講座2

うさこ
洋服を作る前に、作りたいものによっては資料を集める必要があります。
あひる
え~資料って何?

型紙通り改造せず作る場合

資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2

市販の本や型紙を使ってそのまま作る場合は資料は必要ありません。

資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2


本やパッケージに完成写真が載っていますし、説明通りに作れば写真通りに仕上がります。

ただ持っている服に合うように色を組み合わせたいという時とかは持っている服と同じような色のコーディネートを参考にするとイメージしやすいです。資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2

何も考えずに布だけ買うと、あわせる服がないので結局着る機会がないというケースもあるんですよね。

資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2

だから持っている服に合う「配色の参考資料」があると生地も選びやすいですよね。

参考の仕方

画像検索スカートとかブラウスとか合わせたいもので検索します資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2

検索ではツールで色を絞り込めます。
これで表示された中から自分の持っている服と近い色の物を参考に布を選べば、センスがなくても着回しができるお洋服が作れますよ!

無難な色の組み合わせのサンプルのページもあります

洋服の色の組み合わせサンプル
色の組み合わせサンプルをダウンロードする

オリジナルのデザインの服を作りたい場合

オリジナルのデザインをどうやったらいいかわからない方も多いと思います。

この場合自分の好きな、作りたい方向のいろんなデザインを集めて眺めるとよいです。

どういうものが自分の心を揺さぶるのか、わずかな知識で見極めるのは非常に難しいです。

だから、美しいもの、人気のあるもの、長く愛されるものを観察することで、このシルエットなら、この比率が美しいとか、この配色にすると印象に残るとか判断ができるようになるのです。

資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2


また上半身と下半身の割合が1:2や1:1だとバランスがいいよとか白黒灰色は彩度がないのでどの色にも合わせやすいとか、デザインのルールを知っているとより自分の中のイメージの具現化がしやすくなると思います。

資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2

コスプレ衣装の場合


引用元 ジュエルセイバーFREE

資料を集めず作り始めると、あとで背中にに模様があった!とか

別のシーンで脇にポケットがあった!!!

とかあるので、コスプレ衣装を作る場合は、一番に出来るだけ多くあつめてください。

形が分からないものは作れません。
特に2次元の衣装は予想外の所に模様があったり、ラインが入っていたりします。

最低でも前、横、後の画像を集めておくともれがなくて済みます。

資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2

あとシーンによってすその広がりや服の丈が変わったりすることが良くあります。資料を集めよう! 初心者向け洋裁の基本2

どのシルエットで作ると実際に3次元で着た時に美しいのか、情報が多いほど再現の精度や、センスを高めるのに役立つので資料を集めるのは重要なんですよ。

初心者のための洋服を作るためのざっくりとした順番
はじめて洋服を作るとき何をどの順番にすればいいの? 洋服を作る共通の手順があるんだよ 順番を飛ばすと作業が進まなかったり、あとで困ったりするので把握しておくと楽になりますよ!
印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。