えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

合皮やフェルトなどほつれにくい生地でえりやそで口を包む方法です。


えり首を別布でくるみたい場合

型紙の中心に切込みの基準線を書く。

えり首を別布でくるみたい場合

前をVに開きたい場合はここでVの字に線を引く。


えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

包みたい幅で平行線を描く。
この時包む部分の前後の肩の部分=Aの所が前後同じ長さになるようにする。


えり首を別布でくるみたい場合

なだらかにつなげる。


えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

上に紙を重ね、包む部分を写す。


えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

身頃の型紙のえりくびの所を5mm切り落とす。
中心は三角の部分に横に補助線を引きそこまで、中央から左右4㎜づつ四角く切り落とす。


えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

切り落とすとこんな感じ。

縫い代

えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

縫い代のない所に1cm縫い代をつける。
包むところは縫い代はいらない。

包む部品

えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

前後の包む部品の両肩に1cm縫い代を付ける。


えり首を別布でくるみたい場合

各2枚布をきる。


えり首を別布でくるみたい場合

表同士が内側になるように重ね1cm幅で縫う。


えり首を別布でくるみたい場合

表にした包む部品の下に、裏を上にした部品を重ねる。


えり首を別布でくるみたい場合

端から2㎜くらいの所を縫う。
中心は三角より5mmくらい手前まで縫う。
糸を切らないように中央に切込みを入れる。

熱接着の両面テープで仮固定して縫うとズレずに縫いやすいと思います。
布とアイロンの間にあて布(端切れやクッキングペーパー)を重ねてからアイロンをかけるとアイロンの跡が残りにくいと思います

包む

えり首を別布でくるみたい場合

襟首に包む部品をあわせ襟首を挟む。
端から2㎜の所を縫う。

ズレそうなときはしつけ糸でおおざっぱに5㎜くらい内側を手縫いしてからミシンで縫うとよいです。

そで

えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

そでの型紙に補助線を引く。


えり首を別布でくるみたい場合

上に紙を重ねて写す。

包む部品

えり首を別布でくるみたい場合

型紙の両端に1cm縫い代を付ける。

えり首を別布でくるみたい場合

裏表左右対称に1枚づつ切る。
両そでの場合は合計4枚


えり首を別布でくるみたい場合

表同士が内側になるように折り、横を1cm幅で縫う。


えり首を別布でくるみたい場合

表が見えるようにした包む部品にに、裏が見える状態の包む部品を入れる。

えり首を別布でくるみたい場合

2枚重ねて2㎜の所を縫う。

そで口

えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

そで口と切込みの位置から5mmの所を切り落とす。


えり首を別布でくるみたい場合

えり首を別布でくるみたい場合

横を1cm幅で縫う。

縫い代を左右に広げアイロンで整える。


えり首を別布でくるみたい場合

包むパーツでそで口を包み端から2㎜の所を縫う。

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。