表に縫い目の出ない裏地のついた服の縫い方

表に縫い目の出ない裏地のついた服の縫い方動画

あひる
そでのある裏地のついた服はどうやって縫えばいいの?

市販のお洋服とか表全く縫い目がないのに裏地が綺麗についてるんだけど、あれはどうやって縫えばいいの?

うさこ

直線で縫うだけなので、手順さえ覚えれば、だれでも縫えるよ。

ただひっくり返したりするのがややこしく感じるかもしれないけど、
理解しようとすると、情報不足で処理できない→難しく感じるので、まずは1工程ごと真似してみてください

うさこ
縫い方自体は簡単なんだけど、生地がずれやすいので、そこは両面テープを使って乗り越えましょう!
楽するのはズルじゃなくて、効率的なんですよ!安心してラクして楽しみましょう!

練習用の型紙

いきなり本番に入るのは不安ですよね。
A4サイズに収まる大きさの練習用型紙を用意しました。
はぎれで練習してみると、ああ、そういう事ねと

練習用型紙を見る


縫い方

裏は裏、表は表同士でそでまで縫う

裏地の袖だけは袖の下側を10~15センチ開けておく


アイロンでそで口の縫い代を折る

表地だけひっくり返す
裏地の縫い代に両面テープを貼る
両面テープは4~5ミリ幅に切る
仮固定なので5センチ位の両面テープを前後に貼る

表地と裏地を表同士が内側になるように重ねる。


えり、中心すその縫い代を縫う
ポイント
そで口は縫わない ※超重要!!
そで口を縫うとひっくり返せなくなります

ひっくり返す。
裏地が見えるようにする。


両面テープでそで口を固定する。
しかし慣れていない人は高確率でねじれたり、縫う場所が離れてしまい縫う場所がわからなくなったりするので、両面テープを使うといいです。

そでの下の開きからそで口を引っ張り出す

そでをよけて縫い代だけをぬう。
余計な所を縫い込まないように注意。

両面テープについて
紙用の両面テープは弱すぎて貼ってすぐ剥がれます。
後ではがしたい場合は強力両面テープを使います。
はがさない場合は布用の両面テープを使う。
ただし、強力すぎて位置調整がしづらいので。
この用途には工作用の強力両面テープが向いています。
そで口を中に戻す。
開いた所をあわせる。
表側の生地を縫わないようによける。
裏地の端から1~2ミリの所を縫う。
ここは表から見えない。
反対側も同じ様に縫ってね。
そでやすそに縫い目が見えないね。

— 「わからな~い!」と思ったら —

うさこ
それは理解するための情報が脳に入力されていないからかも。

洋裁の動画は覚えなくていいんです。
実際に縫いながら、一時停止したりして確認しながら一緒に作業するのが一番わかりやすいですよ。
充分入力されれば理解は後からついてきますからね!