【おさいほう】ロングテールスカートの作り方

ロングテールスカートの型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

布を切る前にほつれ止め液を塗る

 カーブの所はロックミシンの巻きロックがないと綺麗にほつれ止めしにくいので、ロックミシンをお持ち無い方は、ほつれ止め液のピケ

 を裁断する前にすそのカーブの所に塗って、乾いてから切るとほつれず綺麗に仕上がりますよ。

特に薄い生地はそのままジグザグをするとシワが入ったりしやすいので、ほつれ止め液を塗ると乾いたときに張りが出るのでその上をジグザグをかけると綺麗に縫いやすくなります

すそだけ細かいほつれ止めをする

大きいままだと縫いにくいのですそは実際より少し外側を切ってから細かいジグザグをかけます。

ミシンのジグザグは横幅3~4㎜位
縫い目の長さ 0.3~0.4位で縫ってください。

接着芯を貼る

縫い方 布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ


ウエストベルトの裏に接着芯を貼ってください。

ほつれ止めをする

表  

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布はしのほつれどめ

後中心を縫う


後スカートのパーツを2枚を表側が内側になる用に重ねてください。
ファスナーが付くほうの辺を先に縫ってください。
ファスナーが付くので「あきどまり」と指示のあるところまで縫ってください。

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

ファスナーを付ける

 
ファスナーを付ける位置を大きな縫い目で縫います


ここを縫わないと慣れてない人はこのように「あきどまり」にズレが出やすくなります

コンシールファスナーをつけてください。

脇を縫う

前スカートに脇パーツを縫ってください。



縫い代を左右に広げてください。

脇と後中心を表が内側になるように重ねて縫ってください。

ウエストベルトを縫う

スカートの表側にベルトの裏を上にして重ねてください。
前身頃側はベルトの端を1cm(縫い代分)後ろ身頃側はカギホックをつけるための重なり分がいるので4cmはみ出すように重ねて縫ってください。



ベルトの両端1cmを裏へ折ってください。


ベルトを裏へ折ってください。
端から0.5cmのところ縫ってベルトを固定してください。


かぎホックを手縫いで付けてください
ホックの縫い方はスナップボタンの縫い方と同じです。

シルエットについて

スカートのボリュームは半円とか全円とかではなく、下にはくパニエに左右されます。

半円(180度)から全円(360度)→それ以上(520度)等
弧が大きくなればなるほどヒダが増えると思ってください。

ただしよーローっぱのお姫様のような腰から大きく広がったおわんをひっくり返したようなデザインだと、半円だとボリュームが足りないのでご注意下さい。

作る前に↓ここにミニチュア模型がダウンロードできるのでどうぞ
スカートのボリューム確認用模型

スカートの形と柄の検証実験

改造方法

裏を別の色にする

スカートの表と裏の色を変える方法です

すそに縫い代を1㎝つけてください。
裏表同じ型紙で脇を縫い合わせてください。
ファスナーは表だけ付けます。


内側スカートのファスナーをつけるところに印を付けます。
後中心の縫い目から5mm内側に線を引きます。
角に向かって45度くらいで線のそばまで切り込みを入れてください。
縫い目の上1㎝の所で横に切ってください。


5mm内側の線で裏に縫い代を折ってください。
縫い目の上の縫い代は下に折ってください。
一度紙を折って確認すると分かりやすいと思います。


表スカートと内側スカートを表側同士が内側になるように重ねてすそを1㎝幅で縫ってください。
縫ったらすその縫い代を5㎜に切り落としてください。


表にひっくり返して形を整えてください。


少しでも長さのズレがあると長い方がすその所でたるみます。


ベルトをつける前に試着して、たるみが出ないように長い方をウエスト側で持ち上げて、待ち針を刺して長さを調整してからベルトをつけてくださいね


ファスナーを囲うように内側スカートを手縫いで固定してください

この型紙で作りました

ロングテールスカートの型紙

いるもの

□ 表生地
□ 接着芯 10cmほど
□ コンシールファスナー 20cm位
□ コンシールファスナー押さえ
□ 生地にあった色の糸

オススメの生地

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

ポリエステルツイル

光沢がないほうがいい場合
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

関連型紙

270度フレアスカートの型紙

全円スカートの型紙

半円スカートの型紙

その他の型紙

ボックスプリーツの型紙

20本ヒダのプリーツスカートの型紙

ミニスカートW69cmW72cmW78cmの型紙

マーメードラインのスカートの型紙

ヨーク切替のミニスカートの型紙
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー