【おさいほう】3段ティアードスカートの作り方

https://yousai.net/nui/skirt/3tiered/tiered16.jpg

3段ティアードスカートの型紙を見る

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。

型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

色の意味

表  

ウエストの長さについて

ちなみにゴムを入れない状態だとウエストよりかなり大きいです。
しかしウエストがヒップより大きくないと着替えられないので、ヒップより大きく作って、ゴムで縮ませて着替えられるようにするのです。

縫い方

土台を縫う

土台のスカートの各段を表が内側になるように重ねる。

脇を1cm幅で3枚をつなげる。


大きさの違う円が3つできます。

土台のすそを縫う

3段目の土台のスカートのすその縫い代を1cm縫って7㎜位の所を縫ってさい。

フリルを縫う

1,2,3段目のフリル部分を表側同士が内側になるように重ねる。

それぞれの段の横を1㎝幅で縫って6枚づつをつなぎ合わせて輪にする。

フリルのすそを縫う

すその縫い代を裏へ1㎝幅に折る。
7㎜位の幅で縫う。


上側にギャザーをよせる。

【おさいほう】ギャザーの縫い方
ギャザーの縫い方 糸の調子を調整する ミシンの縫い目の長さを長くしてください...

ミシンの縫い目の長さを長くしてください。
ミシンの調節はミシンによってデジタルだったりダイヤルだったりと異なりますので、お手持ちのミシンの説明書をご覧ください。

土台にフリルをつける

土台3段目にフリル3段目を重ねて土台と同じ長さになるように縮る。

上から5mmの所を縫う。


3段目の上に2段目の土台を縫う。


土台を起こす。

2段目と3段目の縫い代は上方向に折り、ミシンで縫って固定する。


土台2段目にフリル2段目を重ねて土台と同じ長さになるように縮る。

上から5mmの所を縫う。


2段目の上に1段目の土台を縫う。


土台を起こす。

1段目と2段目の縫い代は上方向に折り、ミシンで縫って固定する。


土台1段目にフリル1段目を重ねて土台と同じ長さになるように縮る。

上から5mmの所を縫う。

ベルトを縫う

ウエストベルトをアイロンで半分に折る。


折った所を広げる。
表が内側になるように折り、端を1cm幅で半分(折り目のところまで)縫う。



縫い代を左右に広げる。
5~7㎜の所を縫う。


必ず印をつける。
特にウエストのカーブの所は出来上がり線より縫い代の端の長さが短いので、縫い代を合わせると長さが合いません。

ウエストとベルトの印を合わせて必ず印から待ち針を刺して、そのあとに中間を止めるようにしていくとズレません。


タイトスカートを後ゴムにする方法

1段目とベルトを表側同士が内側になるように重ねる。
上から1cmの所を縫う。

タイトスカートを後ゴムにする方法


タイトスカートを後ゴムにする方法

アイロンでつけた折り目で裏へ折る。
7mm前の場合図のように3本。
2.5cm幅の場合真ん中は縫わない。
※布が厚すぎて縫えないミシンの方が多いと思うのでベルトの裏側に折り返したところの端は折らない。

ゴムを通す

紐通しからゴムや紐を抜けにくくする方法
ゴムやひもを通している時に途中で抜けてやり直しになった事ありませんか? 抜けないように結ぶと解くのが大変ですよね。ちょっとしたコツで抜けにくくなるんですよ。

シルエットについて

スカートのボリュームは重力で生地が真下に落ちようとするので、下で生地を支えるパニエの形に左右されます。

半円(180度)から全円(360度)→それ以上(520度)等
弧が大きくなればなるほどヒダが増えると思ってください。

この型紙で作りました

3段ティアードスカートの型紙

いるもの

□ 表生地 薄手の生地がオススメ
□ 土台の生地
□ ゴム 2本入れる場合は7~8mm幅 1本だけにしたい場合2.5cm幅のものを入れる
□ 生地に合った色の糸。

オススメの生地

・土台

シーチング

柔らかくて薄い光沢のない綿生地。
縫いやすくどこの生地屋さんでも手にはいりやすい。

ブロード
シーチングより少し張りのある綿生地。
シーチングよりほんの少し光沢がある。
こちらもどこの生地やさんでも手に入れやすい生地です

サテン
光沢のある生地。
張りのあるものや柔らかいもの色々ある。
フリルから透ける生地も見栄えがいいものがいい場合はこちらを。
原材料がアセテートのものは洗濯に向かないそうなので、ポリエステルのものがおすすめ。

・フリル

ジョーゼット
柔らかくふんわりした透ける生地。繊維の太さで厚みや透け感が変わるので、通販で買う場合はサンプルを取り寄せたほうがいいかも。
やさしく落ち着いた感じにしたい場合はこちら

オーガンジー
ジョーゼットより張りのある薄くて透ける生地。
光沢の強いものもあり、華やかにしたい場合はこちらがいいかも。

ポリエステルアムンゼン
ドレスっぽさを消して普段着として使いたい場合向き

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。