捨てるもので作れる口元を隠せない人のための飛沫ガードの作り方

その2

その1

捨てるもので作れる★飛沫対策★フリーバイザーの作り方動画

あひる
フリーバイザーってなに?

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

うさこ
捨てるもので作るフリー(無料)のバイザー(ひさし)という、私が勝手に名付けた造語だよ

いるもの

不要なニットの服
色褪せたり、汚れたりして捨てるTシャツとか
商品梱包の透明な袋
透明度が高くて張りのあるのがいいかも。

強力両面テープ
布用両面テープなら洗えるよ。

作り方

商品の梱包用の袋をひさしの部分として使う。

色褪せたり破れたりして不要になったニットを4cm幅に切る。
ニットはほつれにくいのでほつれ止めが不要だよ。

ニットがない場合は、斜め45度に切って、平行に4㎝切る。
斜め方向だと少しほつれにくいよ。

紐を作る

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

頭に巻いて余分を切る。
ニットはほつれにくいのでほつれ止めは不要です。

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

紐の上下を折る
開いてしまう場合はスチームアイロンで折るとしっかり折り目がつく。

うさこ
綿生地は水で柔らかくなり、乾くと乾かしているときの形に固定される性質があるんだよ。

中心に両面テープを貼る。

この時絶対両面テープを布からはみ出させない事。
はみ出すと髪の毛がくっつくよ

両面テープはつなげて貼ると伸びるし、あっちこっちにくっつくので、10cm位に切って貼る方が作業がしやすいです。

印をつける

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

紐を半分に折り印をつける。

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

袋も半分に折り印をつける

紐とひさしをつける

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

半分に折って袋と紐の中心をあわせる。

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

端は紐の真ん中に貼る。

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

紐で端を包む

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

折り目を付けてからはくり紙をはがすと、手につかずきれいに貼れる。

簡単につくれるよ♪

飛沫対策バイザー(飛沫ガード)の作り方

眼鏡の方は余った生地を大き目の生地で包んでおでこにつけるといいかも

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する