【おさいほう】四角い立体ポーチの縫い方

型紙を見る

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼る。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

 接着芯

熱接着の両面テープの使い方

初心者の方向けに熱接着テープを使うやり方で説明していますがなれている方はそのまま、もしくは待ち針をご利用ください。

横のパーツに切り込みを入れる

後ろパーツに切り込みを入れる

後側のパーツの印の所に5mmの切込みを入れる。
アメリカンホックの位置の印を入れてください。

フタを合わせる

後側の上にフタの裏を表同士が内側になるように重ねる。

1cmで縫う。

ベルト通しをつける

ベルト通しの縫い代を裏へ折る。

はしから2~3mmくらいのところを縫う。


紐類は必ず同じ方向に縫う。

左右を逆向きに縫うとねじれます。


ベルトとおしを裏が上になるように印の上に重ねる。

上側を縫いつけ折り返して下側も縫う。

前パーツと横パーツをつける

前側と横のパーツを表同士が内側になるように重ねる。

横のパーツは切込みがあるので直角に辺があわせやすいと思います。

1㎝幅で縫う。

立て続けに縫わず、縦を縫ったら返し縫いして糸を切り、次の辺に折ってからまた縫うという風にすると綺麗に縫えます。

返し縫い=縫うときの端を2~3針往復してほつれにくくする方法


上の縫い代を1cm裏側へ折る。

7~8mmのところを縫う。

ボタンをつける

アメリカンホックもしくはスナップボタンをつける。
アメリカンホックの付け方はパッケージに掲載されています。


両脇の部分を裏へ折って端から2mmのところを縫う。


両脇を広げ、だけを裏へ折り2mmのところを縫う。


前側と同じように後側も縫う。


後側からフタの部分まで2mm幅で縫う。


ふた部分にスナップボタンかアメリカンホックをつける。

アメリカンホックはドットボタンとも呼ばれています。

この型紙で作れます

四角い立体ポーチの型紙

いるもの

□ 表生地
□ アメリカンホック・スナップボタンなど

オススメの生地

ポリエステルツイル
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。