【おさいほう】ヘアキャップ・ナイトキャップの作り方

中華系のキャラクターの髪飾りにしたり、大きめに作って、メイドのヘッドキャップにしたり、東方Projectのヘッドキャップ(ZUN帽)に使ったり、ロリータさんはナイトキャップにと活用してください。

印刷用説明書ダウンロード

型紙の作り方


★の3倍の半径で円を作ってください。
その周りに1cmの縫い代を付けてください。


コンパスで丸を描いてもいいですが、なければお皿など家にある丸いものを使ってもいいと思います



切ってください。

画像の色の説明

表  

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備

ほつれ止めをする

ふちがほどけないようにほつれ止めをしてください。

布はしのほつれどめ


布を表を上にしておき、レースを裏を上にして重ねて縫います。

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

レースの端の処理

レースをそのまま付けると端の部分の切ったところが外に出てしまいますよね。
端をきれいに裏側に隠して縫う方法です。


レースと生地を表側同士が内側になるように重ねてください。


縫い始めのレースは端を斜めに折ってください。


反対の端は最初に折ったところを通り過ぎたところで45度に折ってください。
折ったところが重なると厚くなるので、ずらして厚みを減らします。



端を縫い代側に折ることで表に返した時、端が裏に隠れます。

レースを付けない場合はこの工程は飛ばしてください。

縫い代を裏に折ってください。
表から5~8mmの所を縫って縫い代を固定してください。


ゴムを入れる位置に印を付けてください。


端から横幅を6等分した幅の所に印を書いてください。


印にバイアスの外側の端を合わせて、生地の裏側にバイアステープを重ねてください。
バイアステープの縫い代の所に熱接着の両面テープを貼っておくと作業が楽です。

ゴムを入れる

ゴムの長さは実際につける場所にゴムを巻いてみて、ちょうどよさそうな長さより5cm以上長めに切ります。

(結び代と、生地によっては生地の厚み分余分にゴムが必要なケースがあるので)

普通のゴム通しだと長くてカーブは通しにくいので安全ピンで通すと楽です


千切れないようにゴムの端を折ってから安全ピンを刺すとよいです。


反対側のゴムの端に洗濯バサミを付けておくと、スポッと中にゴムが入り込むのを防げます。

端を縫って輪にします。

結んでもいいのですが、結ぶとゴロゴロするので、いったんゴムを引き出せる所まで量は字を引き出して、Nの字にミシンで縫いとめるとかさばりません。

次 必要な材料とオススメの生地
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー