手袋のつくり方

手袋の型紙

 手袋の印刷用説明書印刷用説明書
手袋は出来るだけニットで作ると、ほつれ止めせず作れるのでおすすめです。
2WAY等の伸びる生地を使う場合はニット用のレジロン糸を使わないと糸が切れます。
伸ばさないデザインの手袋なら普通の糸でOKです。


【重要】
手袋の型紙の待ち針の印の所に穴をあけてください。
布の裏に重ねて、穴からチャコペンで印をつけてください
縫い合わせる目安になります。
よく伸びるニットの縫い方

普通の縫い方だと糸が切れるのでニット用のレジロン糸を購入してください
図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫ってください
これだとかなりの伸縮でも耐えます。お試しください
図のような3重縫いが出来ないミシンは1.5倍伸びる
エッフェル スーパーストレッチミシン糸 50番 150m巻を購入ください
家庭用ミシンでニットを縫う方法

ほつれ止のしかた

布の縫い合わせの基本

まっすぐ縫うコツ


親指の先を縫ってください。


手袋の大きいほうの裏から、親指の裏が見えるように親指を合わせてください。
この時親指の先が上を向くように注意してね。


しつけ糸で出来上がり線より2mmほど離れたところを縫っておきます。
出来上がり線をしつけすると、あとで糸を抜きにくくなるので離れたところを縫うのがポイントです。


ミシンで出来上がり線のところを縫ってください。


軽く手で中央あたりに折り目を付けます。

ポイントは、指の股の所はこのように角を作るようにして縫う事。
余計なしわが減ります。


横の縫い代を3mmくらいになるように切り落としてください


指の股に切り込みを入れてください。


手を入れるところの縫い代を裏へ折り返し、縫って完成です。
2WAY(左右に伸びる)生地
・レジロン(ニット用ミシン糸)
タイツを作る時は伸びる糸を使用して縫ってください。
普通の糸で縫うと、生地を伸ばして着るときに糸が切れてしまいますので必ず伸びる糸をご利用ください

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー