作れる服が一気に増える 原型(基本となる型紙・服の設計図)のつくり方

自分にあった服がない!!Mじゃ小さいし、Lだと大きすぎる!
MLサイズが何でないんだ!

そんな場合は原型を使った製図をしてみましょう。

原型を使った製図は難しいように思えますが、実は原型は1回作っておけば後は使いまわすので、ボロボロになったり、体型がひどく変わらない限り作り直さなくていいんです!!
厚紙などで1つ自分の体にあった原型を作ってみましょう!

この文化式の原型が出来上がれば、レディーブティックなどの製図も半分は引けるようになったも同然です。
(注、原型にはドレメ式などもありますから、注意して製図を見ましょう。この製図は文化式を分かりやすく図解で説明したものです)
※原型はあくまで貴方の体型に合わせて作る自分定規です。実際はこの原型にゆとりなどをくわえて完成させます。

原型の書き方


まず先に紙に以下の計算をして書いておくとあとが楽です。
四角を書く。

バストラインと脇線を描く


上から上記で出したBの長さのところから横に水平に線を引き、横幅の丁度中央Cに下半分縦に線を引く。

そでぐりの補助線を描く


身頃作り左からEで出した数右に行ったところに垂直に線を引く。
同様に、右からDで出した数字分左へいった所に垂直線を引きます

バストポイントを描く


バストの位置決め左のFの長さを等分したところから下に垂直に線を引く。
その線の上から4cmの所に印を入れる(バストポイント・通称BP)