かこみ製図(胴体のかき方)

かこみ製図で型紙をつくる


例えばこういう製図があるとします。


① まず基本となる縦線を引く。


② 次に補助となる横線を縦線に対し垂直に引きます。


③ まず上から。
10と11と言う数字があるので縦のの基本線か、右へ10センチと更に11センチのところに印をつけ、今度はそこから下へ3センチ印をつける。


④ 10センチのところから3センチ下げた所へ線を引く。
これが肩の線です。

そでぐり(そでのカーブ)


⑤ 次に、肩の線から2段目の線の端へ線を結ぶ。


結んだ所から7.5センチ上の所から垂直に4センチ出します


4センチの点を通るように、カーブを書く

襟ぐり(えりのカーブ)


そでぐりを書く要領と同じで、線を引き、2センチ垂直に出した所を通るような自然な線を引く。


線を真っ直ぐおろし下の線と結ぶ。

以上が基本です。
これが分れば、後は2センチ出したりタックやダーツを入れたりするくらいで服は作れます。
分らなかったら、「どう言う所が分らない」と言ってください
時間があったら修正します。

かこみ製図の仕方の動画

製図に関する関連動画

原型を使った製図(型紙を作る為の設計図)の仕方 

簡単に出来る型紙のサイズの変更方法